無料OS『Netrunner 17.10』インストールは簡単…Windows 7 以降のPCならOK!

Netrunner 17.10 Voyagerは、Debianベースで、KDE Plasma デスクトップ環境の無料OSです。

Netrunnerには、今回取り上げているOSの他にもDebianベースの「Netrunner Core」とArch/Manjaroベースの「Netrunner Rolling」があります。

Netrunner 17.10 デスクトップはこんな感じ

パット見はWindowsのような画面ですが、メニューは少し違います。

しかし、使い込んでいくと使いやすくなると思います。

ライブ起動&インストール用のブータブルUSBメモリの作成

まずは公式サイトからダウンロード

https://www.netrunner.com/download/

今回はUNetbootinでブータブルUSBメモリを作成し、実機ライブ起動テストを行いました。

公式サイトで書き込みには、usb-creator-kde / gtkまたはimagewriter(LinuxバージョンまたはWindowsバージョン)を勧めています。

Netrunner 17.10 のインストール

インストールにつきましては、VirtualBox Ver5.2.0 と Ver5.0.40にて、計4回インストールテストしております。

公式サイトによると、VirtualBoxでNetrunnerを実行する場合は、メモリが1200 MB、ディスクスペースが16 GB必要とのことです。

下記のGIFアニメの番号と説明番号はリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

1:USBブートでライブ起動した状態で、上部のinstallアイコンからHDDへインストールします。

2:言語設定で「Japanese」へ

3:ロケーション設定で地図上の日本をクリックすると自動で地域「Asia」、ゾーン「Tokyo」とセットされるのを確認

4:キーボード設定で「Japanese」とインストールするパソコンのキーボードをセット

5:今回はHDDを全消去して、インストールする設定(変える場合は独自に設定してください)

6:ユーザー情報設定で、あなたの情報を適当(適切)に入力

7:インストール設定の要約の確認

8:このあとインストールに入り、終了すると再起動のため「実行」をクリック

立ち上げなおすと日本語化されていますが、まだ日本語の入力ができません。

日本語での入力設定

できれば、コマンドでやりたくはないのですが、手間がかかりそうなので、端末からコマンドで処理したいと思います。

デスクトップ画面下の青いアイコンをクリックして、端末を立ち上げます。

まずは、アップデートしておきます。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

違うものが良い方は、好きなやつを入れてください。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

途中で確認がありますので、「y」を入力して進めてください。

終了したら、ここでログアウト、ログインを行ってください。

ログインしたら、エディタなどで、入力の確認ををします。

Netrunner 17.10 Voyager の感想

少し重たい感じがしたので、Windows 7 以降レベルのパソコンなら問題無いでしょう。

また、今回インストールしたのは「Netrunner」ですが「Netrunner Core」のほうが軽いので、ライブ起動で重いと感じたら、「Netrunner Core」を試すと良いかもしれません。

まとめ

Netrunner 17.10 Voyagerは、Debianベースで、KDE Plasma デスクトップ環境の無料OS

ブータブルUSBメモリの作成

まずは公式サイトからダウンロード

UNetbootinでブータブルUSBメモリを作成しました。

Netrunner 17.10 のインストール
  • 言語設定で「Japanese」へ
  • ロケーション設定で地図上の日本をクリック
  • キーボード設定で「Japanese」
  • 今回はHDDを全消去してインストールする設定
  • ユーザー情報入力
  • インストール設定の要約の確認
  • 終了したら再起動

立ち上げなおすと日本語化されています。

日本語での入力設定

端末から

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストール

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

途中で確認がありますので「y」を入力

終了したら、ここでログアウト、ログイン

これで日本語入力まで、できましたので、色々と試してみてください。