USBメモリからLinux等の無料OSが起動しない…いまさら聞けない初歩からの確認!

無料OSについて、色々と記事を読んで、Windowsから乗り換えてみようと思い、いざチャレンジしてみても、パソコンが思い通りにUSBメモリから起動しないということはありませんか?

シリーズ的に記事を書いている場合、特にそうですが、基本的なことは飛ばしてしまいますので、その部分に問題があった場合、何度やってもうまく行かないということになりかねません。

今回は、USBメモリに書き込んだOSが、起動しないと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

USBメモリからの起動には5つの壁がある

  1. 種類の壁(OS):ダウンロードするOS(iso)ファイルの種類
  2. 正確の壁(OS):ダウンロードしたファイルの正確性を確認
  3. 有効の壁(soft):ブータブルUSBメモリ作成ツールが有効かを確認
  4. 設定の壁(PC):BIOS(UEFI)の設定が正しいか確認
  5. 仕様の壁(PC):スペックがシステム要件内かの確認

もちろん、これ以外の問題を抱えるケースもあるとは思いますが、このあたりを抑えておけばUSBメモリから起動できるはずです。

壁の難易度のイメージ

それぞれの壁の難易度を高さで表しています。

これらの壁があっても、通常このあたりのどれかを飛ばして、記事を書くことが多いと思います。

そのため、どれかに問題があって、気が付かずに進めてしまい、USBメモリから起動しないと、諦めてしまうことにもつながりかねません。

それぞれの壁の対応策について

種類の壁

USBメモリに書き込むファイルは、「.iso」ファイルです。(すべてのOSでそうとは限りません)

以下の例は「Linux Mint」のダウンロードリンクですが、色々な種類があって、どれをダウンロードして良いのか迷う方もいることでしょう。

Download Linux Mint 18.2 Sonya

  • Cinnamon   32-bit   64-bit
  • Xfce   32-bit   64-bit
  • MATE   32-bit   64-bit
  • KDE   32-bit   64-bit

間違った種類のファイルをダウンロードしても、まともに動きません。

左の列はデスクトップ環境の違いです。

つまり、表示される画面やインターフェイスのレイアウトなどが異なります。

デスクトップ環境の違いは、パソコンのスペックにも影響することも、若干ありますが、今回はスルーして、「32-bit」「64-bit」についての違いがポイントです。

あなたがUSBメモリから起動したいと思っているパソコンが、32bitか64bitかを確認してください。

大まかな目安は、Windows 7を積んだパソコンあたりから64bitになってきています。

Windowsパソコンの確認方法はこちらから

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/958406

あなたのパソコンに合わせて、同じビット数のものをダウンロードしてください。

正確の壁

あながダウンロードしたファイルは、きちんとした正式なものでしたか?

極端なことを言えば、誰かにウイルスやマルウエアを混入されてしまった物だったり、ちゃんとダウンロードしたつもりでも、最後までダウンロードできていなかったり、何らかの問題があるファイルなのに、気づかないで使ってしまい、うまく起動できないこともあります。

以下の例は「Linux Mint」のダウンロードページ次のように書かれたリンクがあります。

Don’t forget to verify your ISO

これはわかりにくい例ですが、「md5sum」「sha256sum」などの記述があるはずです。

この値を、ダウンロードした「iso」ファイルのものと比較して、同じかを確認します。

Windowsでやる場合は、フリーソフトを利用したほうが簡単かもしれません。

「ハッシュ計算」あたりのキーワードで探してください。

有効の壁

これはブータブルUSBメモリ作成ツールの説明か、実際にやってみた人の情報が大切です。

また、特別なOSの場合、公式サイトで利用を推奨しているツールがあるはずです。

なかには、同じ種類のOSでもバージョンの違いで、他のツールが必要な場合もありました。

設定の壁

BIOSの設定で起動ドライブの順番を変えて、USBメモリをHDDより先に設定すると書かれていても、比較的新しい(Windows 8あたりの) パソコンの場合、設定がよくわからないということがあると思います。

そもそもBIOSとUEFIの違いって何?

本当にざっくり言えば、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)はBIOS(Basic Input/Output System)の後継にあたるものです。

このUEFIについては、USBメモリから起動させる場合の設定に、BIOS以上の違いがあるようですので、簡単に表現できません。

プリインストールされたOSがWindowws 8 以降のパソコンについては、メーカーのホームページなどで確認してください。

仕様の壁

スペックで問題がおきるとすれば、古いWindows Vista以前のパソコンだと思いますので、Windows 7以降のパソコンなら、一般的な無料OSなどでは、あまり問題がないと思います。

Windows XP やWindows Vista 以前のパソコンはスペックの確認をきちんと行うか、テスト的に超低スペックでも稼働するPuppy Linux などで、一度試してみると良いでしょう。

これらすべての壁をクリアしないと、USBメモリから起動できない

初めての人がみると、すごく壁が多く高いような気がするかもしれませんが、実際には一度クリアすれば消えてしまう「設定の壁」や、わかってしまえば壁にもならない「種類の壁」なんてものもあります。

また、「仕様の壁」は新しいパソコンならなんら問題がないので、壁なんてものはほとんどありません。

つまり、何に躓いているのかわからない方に向けての内容ですので、無料OSを試すことに躊躇しないでもらえればと思います。

まとめ

USBメモリからの起動には5つの壁
  1. 種類の壁:OS(iso)ファイルの種類
    パソコンが32bitか64bitかを確認し、同じビット数のisoファイルをダウンロードしてください。
  2. 正確の壁:ファイルの正確性
    「md5sum」「sha256sum」などのハッシュ値を、ダウンロードした「iso」ファイルと同地かを確認します。
  3. 有効の壁:ブータブルUSBメモリ作成ツールの有効性
    OSによって、うまく行かないものがありますので、公式サイトや情報サイトを参考にしてください。
  4. 設定の壁:BIOS(UEFI)の設定
    BIOS自体はネットの情報を元にして、比較的簡単に設定できますが、UEFIの場合は、各メーカーのサイトを確認した方が無難です。
  5. 仕様の壁:システム要件
    Windows 7以降のパソコンの場合は、あまり気にしなくても平気だと思われますが、それ以前のものの場合は、インストールできるのか確認する必要があるでしょう。

このあたりを抑えておけば、USBメモリから起動できるはずです。

是非頑張って、USBメモリからOSを起動してみてください。