Lubuntu 17.10…インストール・日本語化・日本語入力は超簡単!

前回、前々回と『Lubuntu 17.10』を超古い元Windows XPのパソコンで使ってみた感想インストールの準備について、記事にしてきました。

今回は、いよいよインストールで締めくくりますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

インストールから日本語化

USBメモリにOSを入れて、パソコンを起動したところから始めます。

まずは、言語の設定画面になりますので、日本語を矢印キーで動かして選択し、エンターキーを押します。

するとメニュー画面が日本語で表示されますので、まず試すなら「インストールせずにLubuntuを試してみる」を選択しても結構ですが、今回は「Lubuntuをインストール」を選択して進めます。

以下のGIFアニメの番号と説明の番号はリンクしています。

1:インストールに際して、再び日本語を選択します。

2:両方チェックをいれて、インストール時点で必要なものは入れてしまいましょう。

3:今回は古いパソコンを利用していますので、ディスクを削除してLubuntuをインストールします。

4:HDDがまっさらになって、インストールされますので、最終確認です。

5:エリアを選択します。

6:キーボードレイアウトを設定します。

7:あなたの情報を入力してください。

8:インストールが終了したので、再起動してください。

すでに日本語入力も

再起動中に、インストールメディアを抜き取る指示があると思いますが、もしそのまま先ほどの言語選択画面になってしまったら、USBメモリを抜いて再起動してください。

立ち上がると、今度はLubuntuのデスクトップ画面になるはずです。

ここで、日本語化はすでにできていますが、日本語入力について確認しましょう。

今回は、エディタで日本語入力が可能かテストしました。

ご覧のとおり、特別言語設定や言語関係のソフトをインストールする必要もなく、日本語が入力できました。

欲しい・必要なアプリケーションソフトは

アプリケーションソフトはそれほど入っていませんが、使わないものがあっても邪魔なだけですし、「Ubuntu Software Center」を使用すれば、多数の無料アプリもダウンロードから管理までできます。

「Ubuntu Software Center」を稼働させるには、以下のスクリーンショットを参考にしてください。

システムツール > ソフトウエア

になりますので、表示が「ソフトウエア」です。

最後に『Lubuntu 17.10』について

超古い壊れかけのヘタレたパソコンにインストールしてみたわけですが、YouTubeも普通に利用できるようになって、とりあえず捨てなくて済みました。

もう少し頑張ってもらおうと思います。

また、いつも困った時の「Lubuntu」か「Puppy」なので、今回のようにしてUSBメモリを作っておけば、インストールしなくても、何かのトラブルで起動しなくなったパソコンに対して、データの取り出しなどで、役に立つことがあるかもしれません。

まとめ

USBメモリにOSを入れて、パソコンを起動したところから始めます。

  1. 言語の設定画面で、日本語を選択
  2. メニュー画面で「Lubuntuをインストール」を選択

ここからはインストーラー画面になります。

  1. インストールに際して、再び日本語を選択
  2. 両方チェックをいれる
  3. ディスクを削除してLubuntuをインストール
    (削除されて困る方は、このまま進めないでください)
  4. HDDを削除で再確認
  5. エリアを選択
  6. キーボードレイアウトを設定
  7. あなたの情報を入力
  8. インストール終了、再起動

すでに日本語入力もできる状態になっています。

欲しい・必要なアプリケーションソフトは

アプリケーションソフトは「Ubuntu Software Center」を利用すれば、無料で多数ダウンロードからインストール、管理、削除まで可能です。