無料OS『TrueOS』インストール用USBメモリ作成…ツールが必要!

前回は、TrueOSの特徴についての内容でしたが、今回はインストール用メディア作成とそのツールについてまとめています。

なお、よろしければ前記事も参考にしていただければと思います。

TrueOSは、FreeBSDベースのディストリビューションで、ローリングリリースを採用。インストールには、「STABLE」と「UNSTABLE」の2つの主要なオプションがあり、「STABLE」は実験的な作業が少なく、一般的にスムーズな操作が可能です。

TrueOSインストールメディアの用意

通常、isoイメージファイルをUSBメモリに書き込むには、下記のUSBメモリに書き込むツールのいずれかで対応可能です。

しかし、今回はどれを試してみても、うまく出来ませんでした(isoファイルをDVDファイルに書き込んで利用することは可能)。

  • UNetbootin
  • Etcher
  • Win32 Disk Imager
  • ImageUSB

USBメモリ作成ツールについて、まとめていますので、よろしければ参考にしてください。

USBメモリにisoイメージを書き込むツールにも注意が必要で、どのツールも同じではありません。通常UNetbootinを使って、ライブ起動テストを行い、うまく行かない場合は、Etcherで試しています。しかし、中にはうまく行かないことも…

TrueOSのユーザーガイドによると

Win32 Disk Imagerにて、「.iso」ファイルではなく「.img」ファイルを利用して作成するとのことでした。

インストール用「.img」ファイルのダウンロード

https://www.trueos.org/downloads/

公式サイトのダウンロードページにおいて、以下「矢印1」のように「TrueOS Desktop(USB image)」を選択し、ダウンロードしてください。

ダウンロード後は、ハッシュ値の確認もお忘れなく

上記の「矢印2」BROWSをクリックして、該当するページに進めると「md5」や「sha256」のハッシュ値が書かれたファイルをダウンロードすることができます。

https://download.trueos.org/master/amd64/

「Win32 Disk Imager(Windowsソフト)」を利用してUSBメモリに

「Win32 Disk Imager」のダウンロードは下記ページからどうぞ

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

ダウンロード後は、念の為ウイルススキャンを行ってからインストールしてください。

USBメモリに書き込み

「Win32 Disk Imager」を起動します。

「矢印1」のところをクリックし「.img」ファイルを指定します。

「矢印2」でUSBメモリのドライブを指定。

「矢印3」で、USBメモリに書き込みます。

USBメモリの起動テスト

今回の流れで、USBメモリからPCを起動するとインストーラーが起動しますので、途中で終了させるようにします(そのままインストールしても結構です)。

実際にPCを起動してみると、今度は問題なく、インストーラーまで起動の確認ができました。

インストールメディアの作成はこれで終了ですが、インストール以降については別記事にします。

TrueOSのインストールは、ステップも多くはなく、手間はかかりませんが、多少時間がかかります。特にインストール開始の初期段階で、問題があるのかと思うほど進まないのですが、それを過ぎると、一気に中盤まで進みます。なお、再起動後には初期設定が必要になります。

まとめ

インストールメディアの用意は、TrueOSのユーザーガイドによると
  • DVDに書き込むには「.iso」ファイル
  • USBメモリの場合は「.img」ファイル

なお、USBメモリへの書き込みは、Win32 Disk Imagerにて、「.img」ファイルを利用して作成とのことでした。

インストール用「.img」ファイルのダウンロードを行い、ハッシュ値の確認も…

Win32 Disk Imager(Windowsソフト)」を利用してUSBメモリに書き込みます。

書き込みが完了したら、USBメモリの起動テスト

USBメモリからPCを起動するとインストーラーが起動しますので、途中で終了させるようにします(起動テストのため)。