WindowsからUbuntuへ実際に乗り換えた結果…約2ヶ月後!

メインで使っていたWindows10、そのHDDが逝ってしまったのが7月の下旬…

その時からUbuntuに乗り換えて、もはや四十九日を迎え、それなりに使えるようになってきています。

Windowsから無料OSであるLinuxなどへ、乗り換えを検討しているかたの参考になればと思いますので、2ヶ月程度使った感想と、メリットやデメリットについて、まとめてみました。

以下の、関連記事で流れがわかりますので、よろしければ参考にしてみてください。

Windowsが起動しない…HDDが死んだ?Linuxにするか?
カチカチ音がするので、ハード的なトラブルのようです。まず、USBメモリのLinuxでパソコンが起動できるかを見てみます。起動するので、基盤ではない・・・HDDは認識されないので、HDDのトラブルでしょう。HDDを入れ替えてみると、きちんと起動できました。とんだアクシデントで、WindowsのHDDが死んでしまいました。
WindowsからUbuntuへ…実際に感じたメリット・デメリット!
Windows10のHDDか壊れて、HDDを入れ替えUbuntu16.04へ乗り換えました。一週間ほど使って感じた今のメリットとデメリットです。メリット:今後のアップグレードでも金銭的コストを考えなくてもよくなった。マルウエアやウイルス感染のリスクがさらに減った。自然とLinux(Ubuntu)に詳しくなっていく。
スポンサーリンク

前回の乗り換え一週間での状況

ほとんどの作業をWindowsからUbuntuに変えていますので、流石に色々ありました。

特に、アプリケーションソフトのインストールについては、Windowsとは違いますので、慣れていないという点で、手間がかかりました。

また、特に感じたのは音声合成エンジン関係で、Windowsよりも使えるものが少なく、音声入力や音声読み上げなどのソフトが、軒並み使えなくなってしまった点では困りました。

 

約2ヶ月使ってみてどうなったか

デメリット

音声合成エンジン関連で、殆どのソフトが使えなくなってしまいましたが、オンラインで使えるもので、良い物がみつかりました。

WindowsよりもUbuntuが良いということではないのですが、結果的にオンラインサービス(オンラインでのアプリを含む)の音声読み上げと、音声入力ともに、以前よりも高いレベルになりました。

もちろん、Windowsであっても利用できるサービスですので、Ubuntuには直接関係ありませんが、Windowsを使っていたら、気がつくことはなかったかもしれません。

https://report.hot-cafe.net/speakit-chrome-1903

音声入力『Speechnotes ディクテーションメモ帳』…無料PCアプリがいい感じ!
ディクテーション用のChromeアプリを見つけて、早速テストで、この原稿を書いたところ、驚くほど正確に、日本語として書き込んでくれました。Speechnotes ディクテーションメモ帳は、無料で、日本語も使えます。また、星は4つ以上、ユーザー数は現在66305人です。原稿作成の音声入力には、欠かせないものになりました。

 

メリット

そもそも、最初から感じていた無料ということと、セキュリティについては、もちろんそのままメリットですが、それ以上のメリットは特にありません。

というより、それが最大のメリットであると思います。

結果的にみれば、約2ヶ月たって、デメリットに感じていた部分がほとんどなくなって、メリットが余計に際立ってきたという感じです。

 

一般的にWindowsからの乗り換えの場合

一番気になるのは、会社と自宅でのオフィス関連ソフトのデータについての互換性です。

完全に同じになるとは限らないということを念頭において、それなりに利用するのであれば、問題ないでしょう。

たとえば、自宅ではファイルを開いて確認するだけにするなど、新規でファイルを作成しないように気をつけていれば、さほど問題はないとは思います。

または、Office Onlineを利用することで、それらの問題を回避すれば、なお良いとは思います。

音声合成エンジンや音声入力もオンラインで対応することで、Windowsからの乗り換えに生じた問題もクリアできたように、オンラインソフトをうまく利用することで、それらの問題に対処できます。

 

まとめ

Windowsから無料OSであるLinuxなどへ、2ヶ月程度使った感想と、デメリットやメリットについて、まとめてみました。

デメリット

音声合成エンジン関連で、軒並みソフトが使えなくなってしまいました。

しかし、オンラインで使えるもので、良い物がみつかり、結果的に以前よりも高レベルになりました。

メリット

そもそも、最初から感じていた無料ということと、セキュリティについては、それが最大のメリットであると思います。

結果的にみれば、デメリットに感じていた部分がほとんどなくなって、メリットが余計に際立ってきたという感じです。

一般的にWindowsからの乗り換えの場合に、一番気になるのは、会社と自宅でのオフィス関連ソフトのデータについての互換性です。

これらも、Office Onlineを利用することで、音声関連の問題と同じように回避すれば、問題ないと思われます。

ただし、個別には細かい問題はあるかもしれませんが、困ったら、オンラインサービスをうまく利用することで、多くの事柄はなんとかなりそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました