Windows Update・更新プログラムが進まない…簡単な対処法!

はやりのランサムウエアに感染…なんてならないためにも、大切なパソコンのメンテナンスであるWindows Updateは確実に行いたいものです。

しかし、更新プログラムは、たまにちょっとした問題を起こすこともあります。

よくあるのが、更新プログラムがなかなか進まないこと、ひどい時は0%のまま動かないときもあります。

今回はそんな時の簡単な対処法をご紹介します。

まずは前準備

明らかにHDDに余裕があると思われる場合(数十Gバイトも空いている)以外は、以下を実施しておくほうが良いでしょう。

これをやっておかないと、せっかくソフトで修正しても、同じ状況になりかねません。

Windows Updateを行う場合、復元ポイントをつくったり、更新プログラムをダウンロードします。

更新プログラムの量にもよりますが、HDDに余裕がないとこWindows Updateを進めていけません。

そのため

メニュー > Windows管理ツール > ディスククリーンアップ

上記のように、ディスククリーンアップを実行し、HDDを身軽にしておきましょう。

よろしければ、以下の記事も参考にしてください。

最近PCの動きが遅い…なんて感じたことがありませんか? もしかすると、ハードディスクが不要なファイルで、ゴミだらけなんてことになってい...

それでは、マイクロソフトへ

Microsoft easy fix ソリューションを使用する方法(以前はMicrosoft Fix it)

ページを少し下げると

Windows のトラブルシューティング ツール

その中の一番下に

Windows Update のエラーを解決する

とありますので、クリックします。

Windows Update エラーを修正する

というページにでますので、指示にしたがって更新プログラムで問題があったWindowsのバージョンを示します。

するとダウンロードできる状態になり、ブラウザーによって異なる何らかのアクションがあります。

この部分については、先ほどのページの下部で説明がありますので、必要があれば確認してください。

ダウンロードしたプログラムを実行する

プログラムはwu○○○○.diagcabという名称になると思います。○○の部分はダンロードする時期やWindowsのバージョンで変わると思われますので、○○と表現しています。

あとはこのプログラムを実行してください。

管理者としてトラブルシューティングを実行する
この解決方法を適用する

あとは流れに沿って行います。

もし、これでもダメな場合は、次回別途記載します。

まとめ

Windows Update・更新プログラムは、たまにちょっとした問題を起こすこともあり、なかなか進まないことも、ひどい時は0%のまま動かないときもあります。

まずは前準備

メニュー>Windows管理ツール>ディスククリーンアップ を実行し、HDDを身軽にしておきましょう。

次はマイクロソフトへ

Microsoft easy fix ソリューションを使用する方法(以前はMicrosoft Fix it)

Windows のトラブルシューティング ツール

その中の一番下に

Windows Update のエラーを解決する

とありますので、クリックします。

Windows Update エラーを修正する

というページにでます。

ページの指示に従い、プログラムをダウンロードします。

あとはこのプログラムを実行し、途中で「管理者としてトラブルシューティングを実行する」と「この解決方法を適用する」を選ぶだけで、あとは流れに沿って行います。