無料OS『Linux Lite 3.8』…Windows VistaクラスのPCでもOK!

Linux Liteは、Ubuntuの長期サポート(LTS)リリースと、軽量のXfceデスクトップ環境を利用しているLinux初心者向けのディストリビューションで、主にWindowsユーザーを対象としています。

Linux Lite 3.8のデスクトップはこんな雰囲気

Windowsライクな感じで、今後サポートが切れるWindows 7 からも乗り換え安い雰囲気だと思います。

この映像は、VirtualBoxでメモリ2GBを割り当ててキャプチャーしています。

Linux Lite 3.8の特徴

Linux Lite 3.8 Finalが先月末にリリースされ、3.xシリーズの最後のバージョンとなります。

尚、Linux Lite 4.0 Finalは、2018年6月1日にリリースされる予定とのことです。

最小システム要件

  • CPU:700MHz(推奨1.5GHz)
  • メモリー:512MB(推奨1GB)
  • ハードディスク容量:8GB(推奨20GB)
  • 画面解像度:1024×768のVGA(推奨1366×768の解像度が可能なHDMI画面)
  • DVDドライブまたはUSBポート

ほぼ、Windows Vistaのレベルですので、使っていないサポート切れのWindows Vista PC があったら、ぜひインストールしてみてください。

VirtualBoxでメモリ512MBを割り当て、Linux Lite 3.8(64bit)のテスト

OSの立ち上がりも、メモリ2GBの割当と比べても、さほど遅い気がせずに、FirefoxでYouTubeのミュージック映像(480P)を見ても、カクカクせずに音楽も途切れず聞こえました。

ブラウザーが軽いのは、Firefox 58.0 Quantumによるところも大きいのかもしれません。

また、オフィス系ソフトの立ち上がりも問題なく、わずか512MBのメモリですが、このレベルのパフォーマンスなら、使いたくなってしまいました。

ただし、YouTubeにて音楽映像を見ている時に、メモリをプレイヤーに取られているためか、Firefoxのクローズボタンの反応が悪かったのですが、512MBならば仕方がないと思います。

尚、VirtualBoxで512MBのメモリ割当のため、実機のテストではありませんので、ご了承ください。

主なアプリケーション

  • ブラウザ:Firefox 58.0 Quantum
  • メールクライアント:Mozilla Thunderbird 52.5.0
  • オフィス:LibreOffice 5.1.6.2
  • メディアプレイヤー:VLC 2.2.2
  • 画像編集:Gimp 2.8.22

ダウンロード

公式サイトから

https://www.linuxliteos.com/

インストールについて

インストールには若干注意が必要で、インストーラーを起動すると、言語を選べる画面がでてきますが、日本語を選択できませんので、英語のままインストールして、インストール終了後に日本語化してください。

詳しくは、下記の記事を参照願います。

記事内のLinux Liteのバージョンは3.4ですが、同じ要領でインストールすることができます。

操作性はWindowsライクなので、移行する場合は比較的楽だと思います。 軽いし、インストールした段階で、そこそこソフトウエアもそろっ...

まとめ

Linux Lite 3.8 Final、3.xシリーズの最後のバージョンとなります。

最小システム要件は以下のとおり
  • CPU:700MHz
  • メモリー:512MB
  • ハードディスク容量:8GB
  • 画面解像度:1024×768のVGA

Windows Vista レベルのシステム要件です。

主なアプリケーションは次のとおり
  • Firefox 58.0 Quantum
  • Mozilla Thunderbird 52.5.0
  • LibreOffice 5.1.6.2
  • VLCメディアプレイヤー 2.2.2
  • Gimp 2.8.22
ダウンロードは公式サイトから

https://www.linuxliteos.com/

※インストールは英語のままインストールして、終了後に日本語化してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする