無料OS『Linux Mint 19』…スマートで使いやすい!

Linux Mintは、Ubuntuベースのディストリビューションで、日本でも人気が高く、Windowsからの乗り換えは、操作性において比較的に楽な印象があります。

また、今回の『Linux Mint 19』は、2023年4月までサポートされる長期サポートリリースであり、日本語の情報も多いので、何かわからないことが起きても、安心して乗り換えられるOSではないでしょうか?

『Linux Mint 19』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.12)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

ソフトウェアレンダリングモードで起動しており、テストしているPCのCPUが非力なのと、VirtualBoxで起動しているため(さらに録画の負荷)なのか、ごくわずかな遅延を感じます。

多分このレベルですと、メモリ2GB以上の実機ならば問題が無いと思われます。

『Linux Mint 19』について

Linux Mint 18.3で導入され、すべてのLinux Mintリリースにバックポートされた「タイムシフト」機能。

これは、時間を遡ってPCを最後の機能的なシステムスナップショットに復元する機能で、Windowsでお馴染みですね。

つまり、何か問題が発生しても、以前の状況に戻すことで、問題がない状態にすることが可能になり、アップデートを安心して行うことができます。

これにより、Update Managerは、選択的な更新をしなくても安心でき、Timeshiftにより、利用可能なすべてのアップデートを適用することが容易になります。

また、アップデートはタイプ別にソートされ、セキュリティとカーネルに関するものが上に表示されます。

なお、Timeshift設定が見つからない場合は、警告が表示されるとのことです。

そして今回、ウェルカムスクリーンが新しくなっており、インストール後の最初の手順の案内に役立ててください。

システム要件(Linux Mint 19 Betaより)

  • メモリ:1GBのRAM(快適な使用には2GBを推奨)
  • 空きディスク容量:15GB(20GBを推奨)
  • 解像度:1024×768以上

このレベルですと、現在普通に起動しているPCならば、問題が無いはずです。

また、すでにサポートがきれているWindows VistaクラスのPCでも使えるでしょう。

ダウンロード

公式サイト
http://linuxmint.com/

ダウンロードページ
https://linuxmint.com/download_all.php

赤枠のリンクを開くと『Linux Mint 19』のダウンロードページになります。

なお、インストールと日本語入力などにつきましては、別記事にさせていただきます。

また、『Linux Mint 19 Beta』ですが、Live USBについて、以下の記事を参考にしていただければと思います。

Linux Mint 19 Beta版をLive USBの形で利用してみました。USBメモリに書き込むソフトには、UNetbootinを利用します。今回は、小さめの4GBのUSBメモリで対応しますので保存スペースは、1.7GBに設定しています。

まとめ

『Linux Mint 19』は、2023年4月までサポートされる長期サポートリリース

注目は、Linux Mint 18.3で導入された「タイムシフト」機能

時間を遡ってPCを最後の機能的なシステムスナップショットに復元する機能で、何か問題が発生しても、以前の状況に戻すことで、アップデートを安心して行うことができます。

Timeshift設定が見つからない場合は、警告が表示されるとのことです。

システム要件(Linux Mint 19 Betaより)
  • メモリ:1GBのRAM(快適な使用には2GBを推奨)
  • 空きディスク容量:15GB(20GBを推奨)
  • 解像度:1024×768以上
ダウンロード

公式サイトにて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする