無料OS『KDE neon 20180906』…簡単インストールで即使用可!

KDE neonは、Ubuntu(LTS)ベースで、KDE PlasmaデスクトップとKDEコミュニティソフトウェアをパッケージ化しています。

また、用意されているisoファイルは、64bit版のみの提供となります。

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

低スペックなパソコンで利用しているので、録画をしていることもあり、マウスがひっかかる感じがしますが、実機でライブ起動させると、フリーメモリ2.5GBあるPCレベルで、違和感なく操作できています。

KDE neonについて

現時点の最新版である『KDE neon 20180906』は「KDE neon User Edition 5.13」で、ベースになっているのは、Ubuntu LTS 16.04。最新のUbuntu 18.04 LTS Bionic Beaverではありません。

システム要件の考察

公式サイトを探した限りですが、みつけられなかったので、近い環境にある「Kubuntu」より推測したいと思います。

Kubuntu 17.10の推奨最小システム要件
  • 2 GHzデュアルコアプロセッサ
  • 2 GB RAM(システムメモリ)

Kubuntu 16.04では、KDE Plasmaが古すぎますし、Kubuntu 18.04では、ベースのUbuntuが新しすぎますので、このあたりが、妥当なところだと思います。

もちろん、操作した雰囲気もそんな感じです。

このメモリ2GBあたりの雰囲気は、いろいろなOSで確認していますので、体感的にも近いはずです。

ダウンロード

公式サイト

https://neon.kde.org/

ダウンロードページ

https://files.kde.org/neon/images/neon-useredition/current/

インストールメディア(USBメモリ)の作成

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

なお、変更や設定の保存が可能なライブ起動用のLive USB作成については、以下の記事をご確認ください。

この『KDE neon』Live USBは、アップデートや、日本語化や日本語入力設定など、次回のライブ起動後もその設定内容がそのまま引き継がれます。設定保存できるために、UNetbootinが必要で、多少大きめのUSBメモリを用意しますが、今回は4GBで対応。

簡単インストールで日本語入力まで完了

インストールは非常に簡単で、インストールが終了し再起動すれば、日本語入力もできますので、特別な設定などは不要です。

インストールについては、以下でご確認ください。

KDE neonは、UbuntuのLTSバージョンをベースにしているKDE PlasmaデスクトップOS というほうがあっているようです。また、ダウンロードからブータブルUSBメモリの作成、インストール(と日本語入力設定)がとても簡単な無料OSです。

まとめ

『KDE neon 20180906』は「KDE neon User Edition 5.13」

ベースになっているのは、Ubuntu LTS 16.04で最新のUbuntu 18.04 LTS Bionic Beaverではありません。

システム要件は「Kubuntu」より推測

Kubuntu 17.10の推奨最小システム要件

  • 2 GHzデュアルコアプロセッサ
  • 2 GB RAM(システムメモリ)

Kubuntu16.04では、KDE Plasmaが古すぎ
Kubuntu 18.04では、ベースのUbuntuが新しすぎ
あとは経験と体感でこのあたりかと…(アバウトですいません)

ダウンロード

公式サイトダウンロードページ

インストールメディア(USBメモリ)の作成

UNetbootinにて作成し問題なし

インストールは簡単

インストール終了し再起動で、日本語入力もできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする