脳トレ『アハ体験』ムービー作成・実践編…簡単に見栄え良く!

以前は、「脳トレ『アハ体験』ムービーを作る」で、Vol.1から4までまとめています。

アハ体験とは、ひらめいた時の「ああ、そういうことか!」という感覚。アハ体験ムービー(物体移動ケース)の良い例と悪い例について、良い例は、編集作業において移動処理で作成すれば、わかっていても見つけにくくなり、答え合わせをすると「アハ」となる。悪い例は…
アハ体験、今回のテーマは色の「変化」。動画の編集では、フェードでもかまいませんが、できれば透明度の変化を設定できるソフトで作ることです。また色の変化で重要なのが、素材の色をきちんと変えた画像の用意と「変える色」「変えたあとの色」の選択。
アハ体験ムービー作成で、今回のテーマは「伸縮」です。人工物を素材にして作るときは、拡大・縮小ではなく「伸縮」させることで、よりアハ体験ムービーとして、完成度が高くなると思います。アハ体験は、だまし絵のように、「え!?」という感じが必要だと考えます。
アハ体験の今回のテーマは「拡大・縮小」です。拡大や縮小で作るのは、自然物の方が使いやすく、自然な曲線のそばにある曲線部位を、拡大・縮小することで、見ていても気が付きにくい状況になります。その反面、人工物横の部位を変化させては「アハ」とはなりにくい…

今回は実践編として、簡単に、それなりに見栄えがするような作り方と、素材選びについてまとめています。

まずは見本を見てから

3つの見本を用意していますので、ご覧ください。

タイトルは適当なのですが、一応説明しやすいようにネーミングしておきます。

また、これはわかりやすいように短時間で処理していますので、実際にはもう少し時間を伸ばして映像化します。

1.砂場のおもちゃ
2.海の波の様子
3.海岸と森林

今回作った見本の答え(変化部分)

見るだけでわかると思いますが、さっと済ませたい方もいると思いますので、答え合わせをしておきます。

1.砂場のおもちゃ

一番上にある四角いおもちゃが大きくなっていきます。

2.海の波の様子

左下の波のブロックをそのまま右へ移動させています。

3.海岸と森林

画面左の森の左上の面積が大きくなっていますが、拡大ではなく角度を変えて面積を広げています。

元の画像の上にかぶせる形になっていますので、そのまま元の画像を利用しています。

なお、動画の編集にはフリーソフトのAviUtlを利用しています。

簡単に見栄え良く作るには

この3つの見本に共通するのはなんでしょうか?

自然の素材を利用していることです。

つまり、「砂」「波」「森」になります。

これは、変化している部分の境目がわかりにくくなりますので、写真の加工編集レベルがあまり高くなくても、なんとか対応できるということです。

大切なのは素材選び

他の記事でも、このことは重要視していますが、とくに作成に慣れていない場合、簡単に見栄え良く作る最大のポイントは、素材選びです。

作りたいものを探すのではなく、うまく処理できる素材を選ぶことです。

それともう一つが、変化する部分のコピーエリアのとり方ですので、以下の「作り方の例」で説明いたします。

作り方の例

見本の「1.砂場のおもちゃ」の素材を例にします。

まず、変化させる部分をコピーペーストします。

その際、周りを少しぼかしておくことを忘れずにおこないます。

さらに簡単に作るため、変化させた際に元の部分が、変化後も隠れるような広さでコピーしたり、変化(ポジションなどを注意)させてください。

拡大や、移動、角度の変化など、どのケースでも簡単に作成するには、最初にどう変化させるのかしっかりイメージしておく必要があります。

そのようにしないと、コピーする部分が小さいエリアで、結果として大きな変化ができないということになります。

他の見本でも同じようにコピーペーストします。

細かい技術はいらないので、周りをぼかしてコピーペーストできる画像編集ソフトがあれば処理できます。

まとめ

簡単に見栄え良く作るには

「砂」「波」「森」「川」「山」「岩」などがテーマの画像、自然の素材を利用して作ることです。

  • 変化している部分の境目がわかりにくくなる
  • 写真の加工・編集技術が低くてもできる

それなので大切なのは素材選び

変化する部分のコピーエリアのとり方

作り方のポイント
  • 変化させる部分をコピーペースト
  • 周りを少しぼかして
  • 変化させた際に元の部分が、変化後も隠れるような広さで(最初にどう変化させるのかしっかりイメージしておく)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする