脳トレ『アハ体験』ムービーを作る…YouTubeやSNSへ!

最近は、YouTubeのポリシー変更によって、ある程度のレベルにならないとYouTuberとして活動しにくくなっています。

こんな時ですから、逆に他人のコンテンツを寄せ集めた多くの動画が減って、質の高いオリジナル動画の比率が高まってくることでしょう。

今回は、オリジナル要素が強くなるように、アハ体験ムービーを実際に作って、良い例と悪い例をまとめていますので、興味のある方は参考にしてみてください。

アハ体験とは

アハ体験とは「aha experience」のことで、日本では脳科学者の茂木健一郎氏が有名ですが、本来の意味合いと少し異なるという話もあるようです。

しかし、ここでは茂木健一郎氏の「アハ体験」

ひらめいた時の「ああ、そういうことか!」

という感覚のことで、このまま進めさせていただきます。

つまり、変化前から変化後を動画にして、その変化に気がついて「アハ」となれば、「アハ体験」ができるということになります。

これは個人的な解釈ですが、変化前と変化後で「え…なるほど、そういうことか!」って感じにならないといけないということです。

アハ体験ムービーを作ってみた

あくまでも、例で作りましたので、わかりやすくしています。

もちろん、本番でこんなにわかりやすければ、意味がありませんので、ご了承ください。

どうですか?

これは変化前から変化後のムービーの核の部分だけになりますので、実際にYouTubeやSNSへアップするには、オープニングやエンディング、BGMや答え合わせが必要になります。

アハ体験ムービーの作り方のポイント

今回は、素材画像の加工にPhotoshop、動画編集にAviUtlを利用しました。

もちろん、画像の加工や動画編集には、他のソフトでもかまいませんし、作り方も一例に過ぎません。

1.素材画像を用意する

2.右の窓の部分だけの画像を作る

3.右の窓を消した画像を作る

4.AviUtlで編集する

出来たのが上の動画例です。

ここで一番重要なのが、フェードを使わずに、手順2の窓の部分だけの移動で処理することです。

そのために、手順2、3の画像を作っています。

良い例と悪い例

良い例(上記の見本例)は、窓自体を移動させていますので、時間を長くして、移動距離を減らすとわかっていても見つけにくくなり、答えに気がつくと「アハ」となるでしょう。

悪い例は、以下のように窓の移動ではなく、フェード等を使って徐々に移動前の画像から、移動後の画像へ少しずつ変えていくので、場所がわかるとなるほどとはならず「アハ」とはならないでしょう。

悪い見本例なので、よりわかりやすく際立つように作っています。

適切な言葉かはわかりませんが、ただの変化探しムービーとなってしまいます。

これは、変化前の画像と

変化後の画像をフェードで処理した例です。

アハ体験を意識して素材を選ぶ

画像や動画編集のスキルが高い方は、あまり気にしなくてもよいかもしれませんが、あまりスキルに自信がない場合は、素材画像の選び方がムービーの質を左右します。

とくに、移動という形で作る場合は、例にあるような柄のない単色の壁などを利用すると、上手く作れるでしょう。

今回は、移動という形でのアハ体験ムービーですが、他のパターンもありますので、このような記事の需要があるようでしたら、また他のパターンも取り上げたいと思います。

まとめ

アハ体験とは、ひらめいた時の「ああ、そういうことか!」という感覚。

アハ体験ムービー(物体が移動するケース)の良い例と悪い例

良い例は、編集作業において移動処理で作成すれば、わかっていても見つけにくくなり、答えに気がつくと「アハ」となるでしょう。

悪い例は、フェード等を使って徐々に変えていくので、場所がわかるとなるほどとはならず「アハ」とはならないでしょう。

意外と重要なのが、アハ体験を意識して素材を選ぶことです。

物体の移動という形で作る場合は、柄のない単色の壁などの画像を、選んで利用すると上手く作れるでしょう。