無料OS『OSGeoLive 12.0』…地理空間ソフトに特化!

OSGeoLiveは、 Lubuntuをベースにした軽めのOSであり、インストールなどの必要の無いライブ起動で、様々なオープンソースの地理空間ソフトウェアを試すことができ、ルールに従って自由に複製・配布が可能です。

なお、OSGeoLiveは、Geospatial Open Sourceソフトウェアの開発、宣伝、 教育をサポートする非営利団体である「OSGeo Foundation」のプロジェクトです。

『OSGeoLive 12.0』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『OSGeoLive 12.0』について

Lubuntuベースなので比較的軽めになっており、日本語化や日本語入力も問題ありませんが、アプリケーションについて言語の問題もあるので、そのあたりを気にしない方であれば面白いOSだと思います。

使えるアプリケーション

OSGeoLive 12.0 Contentsより、カテゴリ分けすると以下のとおり

デスクトップGIS

一般的なGISの表示、編集、分析

  • QGIS
  • GRASS GIS
  • gvSIGデスクトップ
  • ユーザーフレンドリーなデスクトップインターネットGIS(uDig)
  • OpenJUMP GIS
  • SAGA
ブラウザ表示向きのGIS

ブラウザでの一般的なGISの表示、編集、解析

  • OpenLayers – ブラウザマッピングライブラリ
  • Leaflet- モバイルフレンドリーなインタラクティブマップ
  • Cesium – ブラウザ内の3D地球儀と2Dマップ
  • Geomajas – ブラウザGISクライアント
  • Mapbender – Geoportal Framework
  • GeoMose – Web GISポータル
  • GeoNode – 地理空間コンテンツ管理システム
ウェブサービス

空間データをインターネットに公開

  • GeoServer – OGC Webサービス
  • MapServer – OGC Webサービス
  • deegree – OGC Webサービス
  • ncWMS – Webマップサービス
  • EOxServer – ウェブカバレッジサービス
  • GeoNetwork – メタデータカタログ
  • pycsw – メタデータカタログ
  • PyWPS – Web処理サービス
  • MapProxy – プロキシWMSとタイルサービス
  • QGIS Server – Webマップサービス
  • istSOS – センサー観測サービス
  • 52 North SOS – センサー観測サービス
  • 52 North WPS – Web処理サービス
  • Zoo Project – Web処理サービス
データストア

空間データの保存

  • PostGIS – 空間データベース
  • SpatiaLite – 軽量データベース
  • Rasdaman – 多次元ラスタデータベース
  • pgRouting – PostGISのルーティング
ナビゲーションと地図
  • GpsPrune – GPSトラックの表示、編集、変換
  • Marble- バーチャルグローブ
  • OpenStreetMap – OpenStreetMapツール
  • iDエディタ – OpenStreetMap Web Editor
  • JOSM – OpenStreetMapデスクトップエディタ
  • OpenCPN – Marine GPS Chartplotter
空間ツール

特定の分析ツール

  • GMT – 地図描画レンダリング
  • OTB – 画像処理
  • R for Spatial Data – 統計的プログラミング
  • Mapnik – 地図作成レンダリング
  • MapSlicer – マップタイルの作成
ドメイン固有のGIS

特定のドメインを対象とするアプリケーション

  • zyGrib – 天気予報地図
データ

空間データセット

  • Natural Earth – グローバルデータセット
  • OSGeo North Carolina、USA教育データセット
  • OpenStreetMap – OpenStreetMapのサンプル抽出
  • NetCDF Data Set – 時系列の温度と降水量
地理空間ライブラリ
  • GDAL / OGR – 地理空間データ変換ツール
  • GeoTools – Java GISツールキット
  • GEOS – C / C ++空間ライブラリ
  • Proj.4 – 座標系リファレンスライブラリ
  • libLAS – LiDARデータアクセス
  • JTS Topology Suite – Javaトポロジスイート
地理空間標準

OGC – Open Geospatial Consortium

  • INSPIRE – ヨーロッパの空間情報基盤

推奨システム要件

  • CPU:1GHz i386またはamd64互換プロセッサ
  • メモリ:1GB(Javaベースのアプリケーションを使用する場合は2GB以上)

ダウンロード

公式サイト

https://live.osgeo.org/en/index.html

ダウンロードページ

https://live.osgeo.org/en/download.html

まとめ

OSGeoLiveは、 Lubuntuをベースにした軽めのOS
  • ライブ起動で、様々な地理空間ソフトウェアを利用可能
  • アプリケーションについて言語の問題もある
使えるアプリケーション

カテゴリ分けすると以下のとおり

  • デスクトップGIS:一般的なGISの表示、編集、分析
  • ブラウザ表示向きのGIS:ブラウザでの一般的なGISの表示、編集、解析
  • ウェブサービス:空間データをインターネットに公開
  • データストア:空間データの保存
  • ナビゲーションと地図
  • 空間ツール:特定の分析ツール
  • ドメイン固有のGIS:特定のドメインを対象とするアプリケーション
  • データ:空間データセット
  • 地理空間ライブラリ
  • 地理空間標準
推奨システム要件
  • CPU:1GHz i386またはamd64互換プロセッサ
  • メモリ:1GB(Javaベースのアプリケーションを使用する場合は2GB以上)
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより