Mageia 7 RC… Xfceデスクトップ環境版をインストール!

先日はPlasmaデスクトップ版のライブ起動について、以下の記事にまとめました。

Mageia 7 RC をLive USBで試してみる。今回は、「Mageia-7-rc-Live-Plasma-x86_64.iso」でのライブ起動状況についてまとめています。ライブ起動が完了すれば、日本語化と日本語入力が可能になっています。

今回は、同じ「Mageia7 RC」ですが、Xfceデスクトップ版をインストールし、メニュー操作の映像や起動までのステップをまとめています。

Mageia 7 RC Xfceデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

VirtualBoxにて同じ状況で、Plasmaデスクトップ版のメニュー操作を録画した時は、若干の遅延による引っかかりを感じましたが、Xfce版では特に遅延を感じませんでした。

Mageia 7 RC Xfceデスクトップ版について

今回は、「Mageia-7-rc-Live-Xfce-x86_64.iso」を利用して、インストールを行いました。

ダウンロード

ダウンロードページ(日本語)

https://www.mageia.org/en/downloads/prerelease/

下部にあるダウンロードリンクから以下のように選択し、isoファイルをダウンロードします。

ライブメディア → Xfceデスクトップ → 64ビット(PCに合わせてください) → ダイレクトリンク

インストール用メディアの作成

USBメモリに書き込むのに、Unetbootin はサポートされていませんので、ご注意ください。

なお、「Etcher」は特に問題ありませんでした。

インストール手順について(VirtualBox)

ここでのインストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替える形で行います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「次へ」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. メニューから「F2キー」を押す
  2. 「日本語」を選択
  3. 「Mageia Live をインストール」を選択
  4. 使用する言語「Japanese」を選択
  5. 使用許諾に同意の必要
  6. 場所の選択(タイムゾーン)で「Tokyo」
  7. 6に続いて日付とタイムゾーンなどの設定
  8. キーボードの設定
  9. 説明なので「次へ」を押す
  10. VirtualBoxで用意したスペースを利用
    ※実機の場合は、何処を使うのか良く確認の上進めてください。
  11. 不要パッケージの削除確認、ここでは「次へ」を選択
  12. インストール開始
  13. パスワードの入力
  14. 13の補完なので、問題がなければ「完了」で進める
  15. 一旦再起動を行いますので、「完了」で進める
  16. usernameは「root」、パスワードは先程ステップ13で指定したものを入力
    ※色々と試したら上記で通過できました。
  17. ユーザー設定を行う
  18. ログインして利用開始

日本語入力について

日本語入力の設定は特にする必要がなく、上記18のステップが完了すれば、すでに利用可能になっています。

日本語への切り替えは、Windowsキー + スペースです。

まとめ

Mageia 7 RC Xfceデスクトップ版をインストール利用

Mageia-7-rc-Live-Xfce-x86_64.iso」を使います。

ダウンロード(日本語)

公式サイトのダウンロードページより

インストール用USBメモリの作成

「Etcher」で作成可能

インストールについて

途中で再起動が入る形になります。

また、再起動後にusernameを求められるので「root」と入力し、設定したパスワードを入力して進めます。

その後にユーザー設定がありますので、ユーザーネームを設定して利用できます。

設定したユーザーネームでログイン。

この段階で、インストール等の設定は終了しています。