無料OS『Lubuntu 18.04 LTS』…古いPCなら試す価値あり!

Lubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver)は、LXDE(Lightweight X11 Desktop Environment)デスクトップ環境のUbuntu公式フレーバーで、高速かつ軽量な省エネ設計されたOSで、LTS(Long Term Support)版のためサポート期限は、2021年4月までとなります。

なお、Lubuntu(ルブントゥ)OSは、標準的なPC、ラズベリーパイ、PowerPC用のISOファイルを用意。

『Lubuntu 18.04 LTS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

Ubuntu 18.04 LTS版と比べて、相当軽く軽快にメニュー操作などを行うことが出来ます。

シンプルで使いやすいオーソドックスなユーザインターフェースに、メモリ使用量の少なさで選択された多様なアプリケーションを選定。

なお、この映像では、アプリケーションについて最小インストールを選択しています。

『Lubuntu 18.04 LTS』について

軽く設計されているOSであり、32bit版もありますので、古いサポート切れのWindows VistaあたりがインストールされていたPCでも、現役のPCレベルに蘇る可能性がありますので、試してみてください。

また、Lubuntuはリソースの少ない古いPCを対象にしていますが、当然新しいPCでも問題無く機能。

なお、具体的な対象は、概ね10年以内のPCとのことです。

システム要件(公式サイト参照)

  • CPU:最低 Pentium 4、Pentium M、またはAMD K8 CPU
  • メモリ:最低1GB(2GB以上を推奨:Webベースのアプリケーションの場合)

以下の映像は、VirtualBoxでメモリの割当を1GBに設定したものです。

メニューやPCManFMファイルマネージャーの操作、オフィス系のアプリケーションソフトの起動や入力状況などを確認してください。

前記事の「Ubuntu 16.04 LTS」と比べると申し訳ないのですが、非常に軽快な操作感です。

ただ、最近1GB以下のメモリで対応できるOSも紹介させてもらっていますので、特別軽量というわけではありませんが、新しいリリースでありUbuntu公式フレーバーということを考えれば、それなりに選択するメリットはあると思います。

ダウンロード

公式サイト
https://lubuntu.me/

ダウンロードページ
https://lubuntu.me/downloads/

既知の問題点について

現時点で重要な問題は、認識していないとのことです。

なお、ライブ起動、インストールと日本語入力につきましては、別記事にさせていただきます。

まとめ

Lubuntu 18.04 LTS は、LXDE(Lightweight X11 Desktop Environment)のUbuntu公式フレーバー
  • 高速かつ軽量であり、省エネ設計されたOSで、LTS版のためサポート期限は、2021年4月まで
  • Lubuntu(ルブントゥ)OSは、標準的なPC、ラズベリーパイ、PowerPC用のISOファイルを用意
  • 『Lubuntu 18.04 LTS』の具体的な対象は、概ね10年以内のPC
システム要件
  • CPU:最低 Pentium 4、Pentium M、またはAMD K8 CPU
  • メモリ:最低1GB(2GB以上を推奨:Webベースのアプリケーションの場合)
ダウンロード

公式サイト、ダウンロードページより

既知の問題点

現時点で重要な問題は、認識なしとのこと