Debian 10 Xfce 2019-07-06 のお試しインストール…軽い!

Ubuntuや、その他多くのOSのベースにもなっているDebianですが、今回は「Debian 10」busterがリリースされましたので、そのXfceデスクトップ版をお試ししてみました。

以前のバージョンの記事もよろしければご覧ください。

安定版Debian 9(stretch)の4番目のアップデート『Debian 9.4』。最小システム要件、CPU:Pentium 4 1GHz、メモリ:256MB(推奨1GB)、空きディスク容量:10GB。インストールは、通常の倍以上のステップがあります。

Debian 10 Xfce デスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

Debian 10 Xfce について

今回は、「debian-live-10.0.0-amd64-xfce.iso」を利用して、インストールを行いました。

最小システム要件

  • CPU:Pentium 4, 1GHz
  • メモリ:512 MB(推奨2GB)
  • 必要ディスク容量:10GB

ダウンロード

公式サイト

http://www.debian.org/

ダウンロードページ

https://cdimage.debian.org/debian-cd/current-live/amd64/iso-hybrid/

ページ下部にダウンロードリンクがあり、Xfce版isoファイルは、そのまた一番下の方になります。

インストール(VirtualBox)から日本語入力まで

インストールは「Debian 9」と比較して、随分簡単になり説明も不要なほどです。

まあ、他のOSもどんどん簡単になっていますので、当然といえば当然ですね。

日本語化については、最終的に問題ありませんが、日本語入力の設定で「入力デバイス」がうまく設定できずに、コマンドでfcitx-mozcを再度インストールして、日本語入力できるようになりました。

このあたりは、他の方法でもっと簡単にできるかもしれませんが、とりあえず日本語入力も普通にできるようになったということで終わりにしたいと思います。

まとめ

Debian 10 buster Xfceデスクトップ版をお試し

「debian-live-10.0.0-amd64-xfce.iso」を利用して、インストールを行いました。

最小システム要件
  • CPU:Pentium 4, 1GHz
  • メモリ:512 MB
  • 必要ディスク容量:10GB
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

インストールから日本語入力まで

インストールは、前バージョンから比べて簡単になりました。

日本語入力の設定では、少して手間取ってしまいましたが、Fcitxを利用できるようになりました。