無料OS『Kubuntu 18.10』…Windowsの現役PCならOK!

Kubuntu(クブントゥ)は、KDEのデスクトップソフトウェアとUbuntuオペレーティングシステムに基づいた、ユーザーフレンドリーなOSであり、Ubuntuコミュニティーから公式に派生したディストリビューションです。

今回は、バージョン18.10 について、インストールまで、ざっとまとめています。

ちなみに、最新のLTSリリース Kubuntu 18.04 LTSについては、以下の記事を参考にしていただければと思います。

Kubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)は、KDE Plasma 5.12 LTSを採用したディストリビューションで、KDE + Ubuntuということで「Kubuntu」。システム要件は、Ubuntuと同等と考えて以下あたりかと…
『Kubuntu 18.04 LTS』のインストール用USBメモリは、UNetbootinにて作成し、ライブ起動出来ています。また、インストールは最低限、ユーザー情報やパスワードの設定だけでも完了し、日本語入力についても、設定の必要はありません。

『Kubuntu 18.10』デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

若干引っかかる感じがありますが、低スペックパソコン上で録画していることもありますので、実機であればもっとスムーズになります。

『Kubuntu 18.10』について

Kubuntu 18.10(Cosmic Cuttlefish)は、新しい4.18ベースのカーネル、Qt 5.11、KDE ​​Framework 5.50、Plasma 5.13.5、KDE ​​Applications 18.04.3など、多くのコアパッケージが更新されています。

また、2019年7月までの9ヶ月間サポートされる予定です。

システム要件

Kubuntuの公式サイトを探した限り見つけられなかったので、一番直近でわかってる17.10のシステム要件を、以下に記載しておきます。

  • 2GHzデュアルコアプロセッサ
  • 2GB RAM(システムメモリ)
  • 25GBのハードドライブスペース
  • 1024×768解像度を持つVGA
  • CD/DVDドライブまたはUSBポート

また、このシステム要件は、ベースになっているUbuntu 18.10と、VirtualBox上でメモリ2GBにしての起動状況からみても、このレベルだと思われます。

ダウンロード

公式サイト

https://kubuntu.org/

ダウンロード

https://kubuntu.org/getkubuntu/

64bit版のみ

インストール(VirtualBox:Ver.5.2.18にて)

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動し、インストーラーが起動したところからになります。
    「日本語」を選択し、「Kubuntuをインストール」をクリックします。
  2. キーボードのレイアウトで、「日本語」、変種は使っているキーボードを選択します(ここではデフォルトの「日本語」)。
  3. アップデートと他のソフトウエアで、「通常のインストール」と「Kubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」が選択されていますので、そのまま続けます。
  4. インストールの種類で「ガイド-ディスク全体を使う」が選択されていますので、よければそのまま進めます。
  5. 書き込み確認が出ますので、よければ進めてください。
  6. タイムゾーンの設定で、地域「アジア」、タイムゾーン「日本時間」が選択されていると思いますので、よければそのまま進めます。
  7. ユーザー名や、パスワード等を設定してください。
  8. 数十分程度待つと、インストールが終了しますので、「今すぐ再起動する」をクリックし再起動。
  9. インストールメディア(実機の場合はUSBメモリ等)を抜いて、エンターキーを押してください。

再起動後は、日本語入力ができるようになっています。

まとめ

Kubuntu 18.10 Cosmic Cuttlefish について、インストールまで

システム要件(17.10より)
  • 2GHzデュアルコアプロセッサ
  • 2GB RAM(システムメモリ)
  • 25GBのハードドライブスペース

ベースになっているUbuntu 18.10と、VirtualBox上でメモリ2GBにしての起動状況からみて、このレベルだと思われます。

ダウンロード

公式サイト ダウンロードページより

インストールと日本語入力設定

インストーラーが起動し「日本語」を選択、そしてユーザー名やパスワード入力、あとはそのまま「続ける」等を選択すれば、簡単にインストールすることが出来、再起動後は、日本語入力できるようになっています。

コメント

  1. 無用 より:

    タイトルが無用になってますよ