無料OS『Kubuntu 18.04 LTS』…Windows 7 以降のPCならいい感じ!

Kubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)は、KDE Plasma 5.12 LTSを採用するUbuntuコミュニティーから公式に派生したディストリビューションです。

つまり、Kubuntu(クブントゥ)は、KDE Plasma デスクトップ環境の Ubuntu で、KDE + Ubuntuということで「Kubuntu」。

『Kubuntu 18.04 LTS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

また、この映像では、最小構成インストールにしていますので、ご了承ください。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

Lubuntu や Xubuntu 18.04 LTS と比べて、軽いという印象はないのですが、Kubuntu自体は軽さよりも、デスクトップの美しさや、品質と使いやすさを売りにしています。

なお、この映像ではVirtualBoxであることや、録画による負荷の影響と思われる遅延が起こっています。

『Kubuntu 18.04 LTS』について

使いやすさにポイントをおいてアプリケーションを選択インストールしていますが、アプリケーションは慣れや好みがあるので、Kubuntuの良さを実感しにくいかもしれません。

システム要件

公式サイト内を確認しましたが、現時点では見た限りにおきまして、『Kubuntu 18.04 LTS』についてのシステム要件を見つけられませんでした。

ちなみに、旧バージョンのシステム要件は、以下のとおりで、同バージョンのUbuntuと同等レベル

Kubuntu 17.10
  • 2GHzデュアルコアプロセッサ
  • 2GB RAM(システムメモリ)
  • 25GBのハードドライブスペース
  • 1024×768解像度を持つVGA
  • CD/DVDドライブまたはUSBポート

よって、今回もUbuntuと同等と考えて、以下あたりがシステム要件と思われます。

Ubuntu 18.04 LTS
  • CPU:2GHz、デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GB
  • インストールメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス(あったほうが良い)

つまり、Windows 7 以降のOSがインストールしてあるPCが対象となるでしょう。

Windows 10 レベルでも搭載メモリ2GBというPCもあるので、これはギリギリ(フリーメモリはもっと少ないので)で、稼働しても重いでしょう。

ダウンロード

公式サイト

https://kubuntu.org/

ダウンロードページ

https://kubuntu.org/getkubuntu/

既知の問題点について(関係しそうなもの)

KDEバグ: system settings ナビゲートする2番目のサブカテゴリリストの先頭に不正な色があります。

まとめ

Kubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)は、KDE Plasma 5.12 LTSを採用したディストリビューションで、KDE + Ubuntuということで「Kubuntu」。

システム要件

公式サイト内で見つけられませんでしたので、Ubuntuと同等と考えて、以下あたりがシステム要件と思われます(Ubuntu 18.04 LTSのシステム要件)。

  • CPU:2GHz、デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GB
  • インストールメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス(あったほうが良い)

Windows 7 以降のOSがインストールしてあるPCレベルが対象

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページから