無料OS『Xubuntu』…Xfceだから軽めで使いやすい!

Ubuntuには、デスクトップ環境の異なるものが公式にいくつか存在し、このXubuntuはUbuntuにXfceデスクトップ環境を利用しているOSになります。

Ubuntu(および他のUbuntuフレーバー)の17.10について、特定のLenovo、AcerシステムでBIOSとの互換性がない問題があり、現在は17.10.1で対応していますが、その辺りも考慮して16.04の長期サポートリリース版(Xununtu 16.04.3 LTS)を取り上げました。

Xubuntuのデスクトップはこんな雰囲気

他のUbuntuと比べても、Xfceデスクトップ環境のため軽めで使いやすいと思います。

録画していても、さほど影響を受けませんので、明らかに軽い感じがします。

特に、購入した時のOSがWindows 7(7を含む)以前のPCでしたら、Lubuntu以外ならどのUbuntuでも、16.04 LTSの方が良いと思います。

Xubuntuの特徴

Xubuntuは、使い勝手の良さを考慮した軽量ソフトウェアを中心に構築され、スムーズで使いやすいデスクトップを意識して構築しています。

最小システム要件

  • CPU:PAEをサポート
  • RAM:512 MB (1GB推奨)
  • ハードドライブスペース:7.5 GB(20GB推奨)

PEAとは物理アドレス拡張(Physical Address Extension:PAE)のことで、インテルのIA-32アーキテクチャで4GB以上のメモリを扱う技術のことです。

また、Pentium Pro以降、および同世代の互換プロセッサで利用されています。

Pentium Proの生産時期を調べると、1995年11月から1998年まで(Wikipedia)とのことですので、それ移行のPCならば普通は問題が無いでしょう。

アプリケーション

プリインストールされているアプリケーションには、Webブラウザ、メールソフト、ワードプロセッサ、エディタ、音楽やビデオプレイヤー、写真などのビューアーや多くの便利なツールがあります。

さらに、アプリケーションやゲーム、ツールが必要な場合は、Ubuntu Software Centerから簡単にインストールすることができます。

サポート期限

Xubuntu 16.04(Xenial Xerus):2019年4月までサポートが有効

ちなみに

Xubuntu 17.10(Artful Aardvark):2018年7月までサポートが有効

となっていますので、インストールに際しては参考にしてください。

インストールと起動テストについて

インストールテストは、Xununtu 16.04.3 LTS 64bitをVirtualBox Ver5.2.4にて行っています。

ライブ起動テストは、Xununtu 16.04.3 LTS 32bitを元Windows XP(32bit)パソコンで行いました。

ライブ起動用PCのスペック

  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • RAM:256MBに512MB増設(計768MB)

10年以上も前のPCですが、問題なく起動していますので、普通にWindowsが動いているPCならば問題がないと思われます。

まとめ

今回はXubuntu16.04.3 LTS(Xenial Xerus)を取り上げました。

Xubuntu=Xfce + Ubuntu という無料OS
最小システム要件
  • CPU:PAEをサポート
  • RAM:512 MB
  • ハードドライブスペース:7.5 GB
サポート期限
  • 2019年4月までサポートが有効

ライブ起動テストは、Xununtu 16.04.3 LTS 32bitを元Windows XP(32bit)パソコンで行いました。

10年以上も前のPCですが、問題なく起動しています。