無料OS『Voyager 18.04.1 LTS』…インストールと日本語入力!

Voyagerは、Xubuntuベースのディストリビューションです。

Xubuntuも18.04.1がリリースされており、それに伴って、Voyagerも18.04.1になっています。

今回は、インストールと日本語入力についてですが、Live USBでのライブ起動については、バージョンが「18.04 」になりますが、以下の記事をご覧ください。

Voyagerは、Xubuntuベースのディストリビューションで、Xfceデスクトップ環境で使いやすい。推奨システム要件は、次のとおりで、CPU:2GHz デュアルコアプロセッサ以上、メモリ:2GB(64bitの場合は3GB以上)、HDD空き容量:25GB。

Voyager 18.04.1 LTSのデスクトップはこんな雰囲気

メモリは、VirtualBoxにて2GBを割り当てています。

システム要件

  • CPU:2GHz デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GB(64bitの場合は3GB以上)
  • ハードディスク空き容量:25GB
  • DVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス

インストールと起動確認

  • インストール確認は、VirtualBox Ver.5.2.12にて行っています。
  • ライブ起動は、元Windows 7 professional(64bit)PCで確認しています。

ダウンロード

公式サイト

https://voyagerlive.org/

ダウンロードページ

https://voyagerlive.org/voyager-18-04-lts/

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストールはとっても簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動した状態で、デスクトップの左上にあるインストールアイコンをクリックし、インストーラーを起動します。
  2. 「日本語」を選択します。
  3. キーボードレイアウトの設定で、左側のリストから「日本語」を、右側のリストから特定のレイアウトを選びます 。
  4. アップデートと他のソフトウエアの設定で、「Xubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」にデフォルトでチェックがはいっていますので、ここではそのまま進めます(「グラフィック…」は、ご自由に)。
  5. インストールの種類で、「ディスクを削除してXubuntuをインストール」を選択します。
    削除したくない場合は、別途対応してください。
  6. ディスクの書き込み確認ですので、問題がなければ続けてください。
  7. タイムゾーンの設定ですが、すでに「Tokyo」となっていると思いますが、なっていない場合は、地図の東京あたりをクリックしてください。
  8. あなたのユーザー名やパスワードを設定して、続けるを押すとインストールしますので、数十分ほど待ってください。
  9. インストールが終了したので、「今すぐ再起動する」をクリックしてください。
  10. ここでUSBメモリを抜いてください。

日本語入力はFcitxをいれよう

コマンドで行う方が簡単ですので、端末を起動させて、以下のコマンドを実行します。

まずは、アップデートしておきます。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

ログアウト、ログインを行ってから、日本語の入力確認をしたのですが、Fcitxが設定されておらず、日本語入力できませんでした。

言語サポートから「キーボード入力に使うIMシステム」で「fcitx」を設定し、再度ログアウト、ログインを行ってください。

今度は日本語入力できるようになっています。

まとめ

Voyagerは、Xubuntuベースのディストリビューション

システム要件
  • CPU:2GHz デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GB(64bitの場合は3GB以上)
  • ハードディスク空き容量:25GB
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

インストールはとっても簡単

最初に日本語を設定すれば、あとはそのまま流れに任せて「続ける」などを選択すればインストールが終了します(ユーザー名とパスワード設定は必要)。

日本語入力について

言語サポートから「キーボード入力に使うIMシステム」で「fcitx」を設定してください。