KDE neon 20190829…インストールと日本語入力まで!

KDE neon 20190829 は、Ubuntu LTS(18.04)ベースで、KDE PlasmaデスクトップとKDEコミュニティソフトウェアをパッケージ化しているOS(64bitのみ対象)です。

今回は、日常的に利用するユーザー向けの User Edition について、さらっとインストールまでをまとめています。

KDE neon 20190829 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.10)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

若干モッサリした反応ですが、遅延という感じではありません。

非力な低スペックパソコンにおいて、VirtualBox利用で録画していますので、録画による負荷がかかることもあり、多少そのあたりを考慮してもらう必要があります。

KDE neon 20190829 について

KDE neon は、QtとKDEソフトウェアの最新パッケージを提供するKDE側のプロジェクトになります。

「20190829」とisoファイルなどが日付による表記になっていますので、ローリングディストリビューションという印象がありますが、KDEソフトウェアのみが継続的に更新されます。

今回インストールしているのは、User Edition「neon-user-20190829-1117.iso」64bitのisoファイルです。

ダウンロード

公式サイト

https://neon.kde.org/

ダウンロードページ

https://neon.kde.org/download

インストール

VirtualBoxでのインストールの工程(基本的に実機でも同様に可能)をまとめています。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップのナンバーで、選択項目を記載しておきますので、選択したら「続ける」などをクリックして進めてください。

※実機ではisoファイルを書き込んだUSBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動させて、デスクトップ左上にある「Install neon user」アイコンからインストールします。
  2. インストーラーが起動し、最初に言語設定で、「日本語」を選択します。
  3. キーボードのレイアウト設定で、すでにレイアウト「日本語」と、 変種「日本語」が選択されていると思いますが、異なったキーボードを使っていたら変更してください。
  4. アップデートと他のソフトウエア設定では、「neonのインストール中にアップデートをダウンロードする」を、よければそのまま選択します。
  5. インストールの種類の設定では、「ガイド-ディスク全体を使う」をそのまま選択します。
    ※実機にインストールする場合は、パソコンに入っている現在のOS他は削除されます。
  6. ディスクの変更、書き込みの確認ですので、デバイスやパーテイションの変更内容を確認の上、よければ続けます。
  7. タイムゾーンの設定で、地域「アジア」、タイムゾーン「日本時間」になっていれば、そのまま設定します。
  8. ユーザー情報入力画面で、ユーザー名とパスワード等を入力します。
  9. インストールしていますので、数十分程度待ちます。
  10. インストールが完了したら、「今すぐ再起動する」をクリックして再起動します。
  11. 実機では、ここでインストールメディア(USBメモリやDVDなど)を抜き取り、エンターキーを押します。

日本語入力について

インストールが完了し再起動することで、すでに日本語入力は出来るようになっています。

まとめ

KDE neon 20190829 は、Ubuntu 18.04 LTSベース

今回は、User Edition「neon-user-20190829-1117.iso」ファイルをインストールしています。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール

最初に言語設定で「日本語」を選択、ユーザー情報の入力程度で、あとは「続ける」などをクリックするだけで完了します。

日本語入力について

特になにもする必要がなく、インストール後の再起動が済めば、日本語入力が出来るようになっています。