Linux Lite 4.6 Final…軽量、Windowsから移行しやすい!?

Linux Lite 4.6 Finalは、Ubuntu 18.04.3 LTS(長期サポート)がベースになっているXfceデスクトップ環境のLinuxディストリビューションです。

主にWindowsユーザーがLinuxベースのOSへ、スムーズに移行してもらえるようにすることが目的のOSです。

Linux Lite 4.6 Finalのデスクトップ

この映像は、VirtualBox(Ver.6.0.10)にて、起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

メニュー操作においては、非常に軽くサクサク動いていました。

Linux Lite 4.6 Finalについて

今回インストールしたのは「linux-lite-4.6-64bit.iso」64ビット1.4GBのISOファイルになります。

システム要件

最小推奨仕様
  • CPU:1GHzプロセッサ
  • メモリ:768MB
  • 必要ディスク容量:8GB
  • 解像度:VGA画面解像度1024×768
  • メディア:ISOイメージ用のDVDドライブまたはUSBポート
推奨仕様
  • CPU:1.5GHzプロセッサ以上
  • メモリ:1024MB以上
  • 必要ディスク容量:20GB以上
  • 解像度:1366×768以上の解像度に対応したVGA、DVI、またはHDMI画面
  • メディア:ISOイメージ用のDVDドライブまたはUSBポート

ダウンロード

公式サイト

https://www.linuxliteos.com/

リリース情報

https://www.linuxliteos.com/forums/release-announcements/linux-lite-4-6-final-released/

ダウンロードページ

https://www.linuxliteos.com/download.php

インストール

VirtualBoxでのインストールの工程(基本的に実機でも同様に可能)をまとめています。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップのナンバーで、選択項目を記載しておきますので、選択したら「続ける」などをクリックして進めてください。

※実機ではisoファイルを書き込んだUSBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動させて、デスクトップにある「Install Linux Lite」アイコンから、インストーラーを起動。
  2. 言語で「日本語」を選択。
  3. キーボードレイアウトで、左側「日本語」、右側「日本語」または使っているキーボードの種類を選択。
  4. 「アップデートと他のソフトウエア」で、そのまま「Linuxのインストール中にアップデートをダウンロードする」で進めますが、必要に応じで変えてください。
  5. インストールの種類で「ディスクを削除してLinuxをインストール」を選択します。
    ※実機の場合は、現在パソコンにあるOSが削除されますので、ご注意ください。
  6. ディスクの書き込み確認ですので、よければそのまますすめます。
  7. ロケーション選択で、「Tokyo」を選択。
  8. ユーザー情報やパスワードを設定。
  9. ここでインストール設定した状況に応じて、数十分程度待ちます。
  10. インストールが完了しましたので、「今すぐ再起動する」をクリック。
  11. ここで、インストールメディア(USBメモリやDVDなど)を取り外し、エンターキーを押して進めます。

日本語入力について

いくつかの手法がありますが、ここでは簡単にFcitxをインストールして、日本語入力をできるようにします。

メニューなどからターミナルを起動します。

まずはアップデート
$ sudo apt-get update
fcitx mozc のインストール
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で「Y/n」確認がありましたら、「Y」で進めてください。

このあと、ログアウト、ログインを行えば、日本語入力ができます。

まとめ

Linux Lite 4.6 Finalについて、インストールと日本語入力設定まで

今回は「linux-lite-4.6-64bit.iso」64ビット1.4GBのISOファイルを利用してインストール。

最小システム要件
  • CPU:1GHzプロセッサ
  • メモリ:768MB
  • 必要ディスク容量:8GB
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール

インストールは簡単で、言語で「日本語」に設定したあとは、基本的にそのまま「続ける」などをクリックしていくだけです。

もちろん、ユーザーネームやパスワードの設定は必要です。

日本語入力について

ターミナルから、Fcitxのインストールを行うのが簡単です。