Sparky 2023.01 MinimalGUI…インストールから日本語入力まで!

セミローリングラインの Sparky 2023.01 + Persistence がリースされていますので、インストールして日本語入力までを確認してみました。

今回のリリースでは、永続的な Live USB ディスクを作成できる新機能が追加され、作業内容や新規にインストールしたアプリケーションなどを同じ USB ディスクに保存できるようです(この機能は確認していません)。

なお、蘊蓄などは特にありませんので、ご了承ください。

スポンサーリンク

Sparky 2023.01 MinimalGUI のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.38)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Sparky 2023.01 MinimalGUI について

今回は、「sparkylinux-2023.01-x86_64-minimalgui.iso」からインストールしています。

 

ダウンロード

公式サイト

https://sparkylinux.org/

ダウンロードページ

https://sparkylinux.org/download/rolling/

リリース情報(英語)

https://sparkylinux.org/sparky-2023-01-persistence/

 

インストール

本来はインストール用の USB メモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れを GIF アニメ化しています。

インストーラー起動時にパスワードの入力を促されますので、「live」と入力してください。

※このインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力について

再起動後が終わった段階では、日本語入力ができませんでした。

そこで、ターミナルから Fcitx 等をインストールしました。

アップデート

$ sudo apt-get update

fcitx mozc のインストール

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で「Y/n」確認がありましたら、「Y」で進めてください。

上記の作業が終了後したら、ログアウト・ログインを行ない日本語入力できるようになりました。

 

まとめ

Sparky 2023.01 MinimalGUI のインストール

今回は、「sparkylinux-2023.01-x86_64-minimalgui.iso」からインストールしました。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力

インストールは問題は無く終了すると思いますが、日本語入力については別途対応が必要でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました