使い捨てマスクの裏表「実は色々」…正しい付け方は?

いよいよインフルエンザの季節になってきましたが、あなたはマスクを正しく付けることができますか?

なんと7割の人が、間違った付け方をしているという調査があるようです。

使い捨てマスクは、その性質上、簡易的にできていますので、上下はわかると思いますが、裏表を自信をもってわかる方が、どれだけいるのか少し疑問です。

まずは、装着法の確認から

箱に数十枚入ったものを想定しています。

  1. 箱などからマスクを1枚ずつ取り出します。
  2. ビニールの内袋があるものは、袋から出しますが、裏表の判断の一つになりますので、ひものある側を意識しておきます。
  3. 上(ノーズフィッター有り)下、裏表の確認をします(裏表確認は後で説明)。
  4. 顔にあてプリーツを広げながら、ひもを耳にかけます。
  5. ノーズフィッターを顔と鼻の形に合わせて、変形させ隙間を無くします。
  6. マスクの下部を下へ大きく広げ、プリーツを伸ばして、顎まで覆います。

きちんと装着していない人も

  • ノーズフィッターを折り曲げずにマスクを使用する
    隙間からウイルスなどが入り込む
  • 息苦しいためか、メガネが曇るからなのか、マスクから鼻をだしている
    そもそも意味がない
  • 一時的にマスクを顎にずらしたりする
    顎に付着しているウイルスなどが、マスクの内側に付着する

どうせマスクをするならば、正しく装着して利用したいものです。

使い捨てマスクにおいて裏表の確認

現在、1年に300枚以上を、すでに6年以上使っていますので、それなりに使い捨てマスクを使い込んでいます。

そこで、実際に家にあるマスクをみると、4商品、製造元は3社の製品がありましたので、裏表の確認をしてみます。

商品A

スーパー等の小売店のオリジナル商品

裏表の見分け方の記載なし

内袋に入っており、ひもがたたまれている側を裏側と推測

さらに形的には、下記商品Eのタイプなので、たたまれている側が裏側で推測通り

商品B

有名メーカー製造元のOEM商品

箱に裏表の見分け方が記載されており「ひもが付けてあるほうが表

商品C

上記と同じ製造元の別のOEM商品

箱に裏表の見分け方が記載されており「ひもが付けてあるほうが表

商品D

販売元は有名メーカー

箱に裏表の見分け方が記載されており「プリーツの下向きが表

ちなみに、このタイプのひもは裏についています。

すべてが同じような作りではない

実際に家にある商品で3通りの判別方法があるので、ネットの商品(アマゾン等)についても調べてみることにします。

商品E

販売元は有名メーカー

プリーツの張り出した側が外側

ちなみに、このタイプもひもは裏についています。

商品F

販売元は有名メーカー

ひものつけてあるほうが裏

同じ会社の違う商品を除いた使い捨てマスクでは、裏表の判別が記載されているものが少ない状況でした。

プリーツの付き方が一方向になっているタイプがわかりにくいのですが、裏表で凹凸になっていれば、見れば説明が無くてもわかると思いますので、それで説明がないのかもしれません。

裏表の判断のポイント

色々とみてわかったので、裏表の判別方法についてまとめてみます。

  1. 箱などに記載があれば、下記ポイントよりも優先
  2. ひもの付け方には、表側と裏側の両方があるようなので、 ひもの付け方では判断できない
  3. プリーツが一方向の場合: 下向きプリーツになる方が表
  4. プリーツが上下にあり、広げると裏表で凹凸になる場合:当然ですが 凸側が表
  5. 万一、3・4の違いがない場合:袋中の形で ひもの折りたたまれた側を裏側と判断

まとめ

マスクは上下・裏表を判断し、正しく装着した上で、きちんと利用しないと効果がありません。

マスクの裏表を理解している人は少なく、なんとなく使っていて、裏表が逆ではないかと思う人もたまに見受けられます。

特に間違えやすいのが、一方向にプリーツがあるタイプのマスクです。

このタイプでは、 通常プリーツが下を向く方が表になります。

理由は単純で”花粉やウイルスが溜まらないように”と理解すれば、次から簡単に判断できると思います。