無料OS『Black Lab Enterprise Linux 11.60』…使いやすい!

Black Lab Linuxは、Ubuntu(LTS)ベースのLinuxディストリビューションです。

今回は、『Black Lab Enterprise Linux 11.60 Mate Edition』についてですが、もうすぐ次のバージョンがでるのではと思いますので、このバージョンで試しておきます。

デスクトップはこんな雰囲気

ライブ起動にて動作状況を映像にしています。

パソコンのスペックは以下のとおり

  • CPU:1.9GHzデュアルコアプロセッサ
  • フリーメモリ:2.5GB

実機での映像ですので、スムーズで特に重い感じもなく、使いやすい雰囲気です。

『Black Lab Enterprise Linux 11.60 Mate Edition』について

UbuntuのMATE 16.04.3をベースにしており、使いやすさと、そこそこの軽さがあるOSです。

また、Black Lab Linuxは、デスクトップとサーバ版があります。

なお、UbuntuのLTS(Long-term support)をベースにしているOSであり、現在のLTS版は、18.04 Bionic Beaverになるので、このバージョンが駄目というのではなく、次を期待しているので、現時点で記事にしてまとめています。

プリインストールアプリ他

  • Mate 1.18.0(デスクトップ環境)
  • kernel 4.13.0-38(カーネル)
  • LibreOffice 6.0.3(オフィススィート)
  • Chromium Browser 65(ウェブブラウザ)
  • Thunderbird 52.7(メールクライアント)
  • Nitroshare(ファイル共有ソフト)
  • Synergy(デバイス共有ユーティリティ)
  • Rhythmbox(オーディオプレーヤー)
  • VLC 2.2.8(メディアプレイヤー)
  • Gimp(画像編集ソフト)
    など

システム要件

  • CPU:64ビット1GHz以上のプロセッサ
  • メモリ:2GB
  • ハードドライブの空き容量:20GB

ダウンロード

公式サイト

http://www.blacklablinux.org/

ダウンロードページ

http://www.blacklablinux.org/p/downloads-site-links.html

ページの中頃にあります。

インストールメディア(USBメモリ)の作成

UNetbootinにて作成し、ライブ起動までですが確認しています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

なお、変更や設定の保存が可能なライブ起動用のLive USB作成については、以下の記事をご確認ください。

この『KDE neon』Live USBは、アップデートや、日本語化や日本語入力設定など、次回のライブ起動後もその設定内容がそのまま引き継がれます。設定保存できるために、UNetbootinが必要で、多少大きめのUSBメモリを用意しますが、今回は4GBで対応。

Live USBでの日本語化や日本語入力については、別記事にしたいと思います。

まとめ

『Black Lab Enterprise Linux 11.60 Mate Edition』について

UbuntuのMATE 16.04.3をベースにしており、現在のLTS版である「18.04 Bionic Beaver」ではありません。

システム要件
  • CPU:64ビット1GHz以上のプロセッサ
  • メモリ:2GB
  • ハードドライブの空き容量:20GB
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

インストールメディア(USBメモリ)の作成

UNetbootinにて作成し、問題はありません。

また、どうせUNetbootinにて、インストールメディアを作成するなら、変更や設定の保存が可能なLive USBにしても良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする