無料OS『Fedora 29 Beta Workstation』…試してみる!

Red Hat社が支援するコミュニティーによって開発されているLinuxディストリビューションで、最新の技術を積極的に取り込むOS「Fedora」。

その Fedora 28 のリリースが5ヶ月ほど前(2018年5月)になります。

そして、今回はFedora 29のベータ版(GNOME 3.30)がリリースされたので、試してみました。

まあ実際には、インストールして少し使ってみたというレベルです。

ちなみに、Fedora 28 に関しては、以前記事にしていますので、よろしければご覧ください。

Fedoraは、Red Hat社が支援するコミュニティー「Fedora Project」によるOSで、デフォルトデスクトップ環境は、GNOMEになります。また、KDE、Xfce、LXDE、MATE、Cinnamonなど、他のデスクトップ環境も利用可能。
Fedora 28 Workstationのインストールから日本語入力について、インストールメディアから起動させるインストールを選択、あとは、インストールドライブの確認ぐらいで、ほとんど続行するだけです。ただし、再起動後にユーザー名やパスワード設定があります。

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2.8GBに設定しています。

いつもは、2GBで揃えているのですが、デスクトップ環境がGNOMEであることや、録画状態の負荷のため、低スペックPCの反応が鈍すぎたので、メモリの割当を少し多くしました。

試してみて感じたこと

VirtualBox上ですが、すごく簡単にインストールできましたので、これからLinux OSを始めてみたいという人でも、インストール自体は簡単にできます。

さらに、Fedora 28 においては、インストール後に日本語入力の設定でひと手間必要でしたが、Fedora 29 では不要でした。

インストールが終了し、再起動した段階で日本語入力ができるようになっていました。

導入までのレベルでは、より簡単になっているようです。

他にもあるデスクトップ環境

デフォルトデスクトップはGNOMEですが、以下のデスクトップ環境も用意されています。

Fedora 29 Beta デスクトップ Spins
  • KDE Plasma:64bit版のみで重め
  • Xfce:軽量、高速、簡単
  • LXDE:軽量、高速、低リソース
  • LXQt:軽量、Qtベース
  • MATE:クラシックな Fedora デスクトップ環境
  • Cinnamon:Linux Mintでおなじみの使いやすい先進的な環境
    など

システム要件

  • CPU:1GHz以上のプロセッサ
  • メモリ:1GB以上
  • 必要な空きディスク容量:10GB以上

上記の記述が公式サイトにありますが、このシステム要件の場合、GNOMEでは厳しいでしょう。

より、軽量なデスクトップ環境を選択して、Xfce,LXDEあたりが適当かと思います。

ダウンロード

公式サイト

https://getfedora.org/

Fedora 29 Beta Workstation のダウンロード

https://getfedora.org/workstation/prerelease/

Fedora 29 Beta デスクトップ Spins のダウンロード

KDE Plasma、Xfce、LXDE、LXQt、Cinnamon、SoaS、など

https://spins.fedoraproject.org/prerelease

Fedora 29のリリースは?

予定では、来月(2018年10月)末にはリリースされそうですので、楽しみにしています。

まとめ

Fedora 29のベータ版(GNOME 3.30)がリリース!

インストール自体は、すごく簡単にできます。

また、日本語入力は、インストールが終わって、再起動した段階で、できるようになっています。

とりあえず使える(導入)までのレベルでは、Fedora 28 より簡単になっているようです。

他にもあるデスクトップ環境、Fedora 29 Beta デスクトップ Spins

KDE Plasma、Xfce、LXDE、LXQt、MATE、Cinnamonなど

ダウンロード

公式サイト、Fedora 29 Beta Workstation のダウンロードより