無料OS『Pearl Linux OS』…Windowsライクで使いやすい!

Pearl Linux OSは、Ubuntuベースのディストリビューションで、今回は2018/05/08にリリースされたPearl Linux Cinnamon 7.0について、デスクトップの映像からダウンロード等までをまとめています。

Pearl Linux Cinnamon 7.0は、Ubuntu 18.04からビルドされており、Windows 10スタイルのレイアウトを特色としています。

はじめてWindowsから乗り換える場合は、もっと他のメジャーなOS(Linux Mint、Ubuntu及びそのフレーバー)が無難です。

しかし、このPearl Linux は、見た目も割と良く、使いやすそうな雰囲気だと思います。

『Pearl Linux Cinnamon 7.0』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、ライブ起動にて起動状況の確認を行いメニュー操作等を動画にしています。

なお、フリーメモリは2.5GBのパソコンです。

このPCで他のUbuntuベースのいくつかのOS(16.04ベース:一つ前のLTSバージョン)で利用した場合と比較しても、同程度の軽さでしたので、古めのWindows 7 あたりがプリインストールしてあるPCレベルで、問題無く普通に利用できるでしょう。

『Pearl Linux Cinnamon 7.0』について

Pearlのシリーズ7(Rolltide)は、32ビット版と64ビット版の両方で使用できます。

また、Ubuntuベースなので、日本語化も日本語入力も問題ありません。

興味のあるかたは取りあえずLive USBとかで使ってみると良いでしょう(設定や変更を保存出来るLive USBにすることが可能です)。

なお、Live USBの作成と設定については別の記事にします。

システム要件

公式サイト等と探したのですが、見た限り見つけることができませんでした。

そのため、ベースになっているUbuntu 18.04 LTSの推奨システム要件をあげておきます。

  • CPU:2GHz、デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GB
  • インストールメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス(あったほうが良い)

使い方によっては、サポートがすでに切れているWindows Vistaあたりがインストールされているパソコンでも使えると思います。

ダウンロード

公式サイト

http://www.pearllinux.com/

SourceForge.netダウンロードページ

https://sourceforge.net/projects/pearl-cinnamon-7-0/

インストール用USBメモリの作成

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

まとめ

Pearl Linux Cinnamon 7.0は、Ubuntu 18.04からビルドされたOS。

Pearlのシリーズ7(Rolltide)は、32ビット版と64ビット版の両方で使用可能。

システム要件

ベースになっているUbuntu 18.04 LTSの推奨システム要件より

  • CPU:2GHz、デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GB
ダウンロード

SourceForge.netダウンロードページより

インストール用USBメモリの作成

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。