無料OS『DuZeru 3』軽めでアプリは最小限…使いやすそう!

『DuZeru』は、DebianのStableブランチをベースにしているブラジルのディストリビューションです。

デフォルトデスクトップ環境には、Xfceを採用しており、DebianとXfceとの取り合わせなので、使ってみると使いやすい慣れた感じでした。

また、多少古めのPCでも使えそうですので、Windows Vistaあたりのサポートが切れてしまったOSが、インストールしてあるPCレベルも対象になりそうです。

「DuZeru 3」のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.12)にて、起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

「DuZeru 3」について

DebianベースのOSで、日本語化や日本語入力にも問題がなく、インストールできれば、使いやすいOSです。

この『DuZeru』は、Debian StableとXfceデスクトップ環境の組み合わせで、できるだけカジュアルに、時折プロフェッショナルで、または学生のニーズを満たすことができるようなOSを目指しているようです。

プリインストールアプリは、最小限程度しかないのですが、自分で好みのアプリケーションをインストールしたい方には向いています。

特に古めのPCで、メモリが少ない場合は、アプリによっては重いもあるかと思いますので、自分で選んでインストール出来る方には、かえって都合が良いでしょう。

システム要件について

  • CPU:1.0 Ghz(x64 EFI MBR/BIOS Legacy)
  • RAM: 512MB
  • HD: 4.5GB
  • VÍDEO:12MB
  • VGA:640 x 480

低めのシステム要件ですが、CPUが合わないと駄目なので、すべてOKというわけではありません。

VGA:640 x 480なので小さな画面のディスプレイでも対応できます(HDDへインストールする場合に、インストーラー画面は、はみ出します)。

ちなみに、VirtualBox上ですが、メモリを512MBにして起動確認してみました(CPUは1.7Ghz)

以下の映像をご覧ください。

メニュー操作は、ほとんどメモリ2GBと変わらない状況です。

また、上の映像にありますように、テキストエディタを起動してみましたが、立ち上がりが少し遅い気がします。

しかし、入力に関しては、日本語変換も含めて遅延は感じませんでした。

あくまでも、メモリ消費が少なめのアプリケーションだからですので、ヘビーなアプリはこのようには行かないと思います。

ダウンロード

公式サイト

http://duzeru.org/

ダウンロードページ
http://duzeru.org/duzeru3/

sourceforge.netからのダウンロードになります。

インストールと日本語入力については、別記事にさせていただきます。

まとめ

『DuZeru』は、ブラジルのディストリビューション。

「DuZeru 3」は軽く使いやすい(個人的に)

Debian StableとXfceデスクトップ環境の組み合わせ

プリインストールアプリは最小限

システム要件について
  • CPU:1.0 Ghz(x64 EFI MBR/BIOS Legacy)
  • RAM: 512MB
  • HD: 4.5GB

VirtualBox上ですが、メモリを512MB(CPUは1.7Ghz)にして起動確認しましたが、メニュー操作もほとんどメモリ2GBと変わらない状況です。

アプリケーションによっては、違いが出るとは思いますが、ホームユースならば古めのPCでも使えると思います。

ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする