無料OS『Neptune』…好きなアプリの入れ替え簡単!

Neptuneは、新しいカーネルといくつかのドライバを除いたDebian(Stable)をベースにしたデスクトップ用のGNU/Linuxディストリビューションです。

また、KDE Plasmaデスクトップ環境を採用し、マルチメディアシステムを主眼に置いています。

『Neptune 5.0』のデスクトップはこんな雰囲気

Xfceなどと比べると、KDE Plasmaデスクトップ環境のため、少しモッサリしている感じを受けますが、動作にはさほど問題はありません。

VirtualBoxで、メモリ2GBを割り当ててキャプチャー

『Neptune 5.0』の特徴

デスクトップには「Discover」のアイコンがあり、これでプリインストールしてあるアプリのアンインストールや、新たに好みのアプリを簡単にインストールすることができ、自分の使い慣れた環境に最初からセットできます。

もちろん、どのようなOSでも不要なアプリのアンインストールや新規のインストールは可能ですが、「Discover」で一気にやれるというのは、何か問題があって新規にOSの再インストールを行う必要が生じても、簡単にもとの環境に戻せる可能性があるということで、とても有益に感じます。

システム要件

  • CPU:1GHz Intel / AMD 64Bit
  • メモリ:1.6GB
  • 空きディスク容量:8GB HDD

ちなみに、VirtualBoxにてメモリ1GBを割り当ててテストしてみましたが、起動及びアプリケーションの稼働も多少モッサリしていますが、普通に動かせます。

また、ブラウザーでYouTube動画を表示してみたところ、音楽は問題ありませんが、映像(360P)がカクカクでした。

当然といえば当然ですが、このあたりから考えると、最小システム要件はメモリ1GBあたりかと思われます。

どちらにしろ、Windows 7クラスの普及版PCならば、メモリ2GB以上あるので、問題ないでしょう。

主なアプリケーション

  • ブラウザー
    Chromium(Chrome):Adob​​e Flashと完全なHTML5をサポート
  • ミュージック
    Amarok:ローカルとオンラインの音楽を視聴、モバイルオーディオプレーヤーに音楽をインポートまたはエクスポート、Podcastを購読
  • 写真
    Gwenview:写真を管理、編集が可能
  • ビデオ
    VLCメディアプレイヤー:ビデオ視聴
    KDEnlive:ビデオを作成、編集

Neptuneには独自のソフトウェアリポジトリがあり、独自のアプリケーションを更新します。

主なアプリケーションは、独自のNeptuneリポジトリに入っており、開発されたソフトウェアと、Neptuneシステムのデフォルト設定、アートワーク、調整なども含まれています。

ダウンロード

https://neptuneos.com/en/download.html

なお、インストールは別記事にします。

Neptune 5.0のインストール。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動できます。言語の設定、ロケーションの設定、アカウント名やパスワード設定以外は、「次へ」を選択するだけで、インストールが完了します。

まとめ

Neptuneは、Debian(Stable)をベースにしたディストリビューションで、KDE Plasmaデスクトップ環境を採用。

『Neptune 5.0』は、プリインストールしてあるアプリのアンインストールや、新たに好みのアプリを簡単にインストールすることができ、自分の使い慣れた環境に最初からセットできます。

システム要件
  • CPU:1GHz Intel / AMD 64Bit
  • メモリ:1.6GB
  • 空きディスク容量:8GB HDD
主なアプリケーション
  • ブラウザー:Chromium(Chrome)
  • ミュージック:Amarok
  • 写真:Gwenview
  • ビデオ:VLCメディアプレイヤー、KDEnlive

ダウンロードは公式サイトから