無料OS『Korora』見た目がカワイイ&使いやすい!

Kororaは、使いやすいシステムを提供することを目標としている「Fedora Remix」で、元は2005年からのGentoo LinuxをベースにしたOSでしたが、2010年に現状にいたる形で再構築されました。

ちなみに、名前の由来は、マオリ語の「kororā」で Little Penguin(コガタペンギン、リトルペンギン)からきているとのことです。

『Korora 26 (Bloat)』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像はVirtualBox(バージョン 5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

アイコンがカワイイし、デスクトップ環境はGNOMEですが、見た目もすっきりしていて良い感じ(あくまでも個人的見解です)。

メモリも2GBあれば、起動から操作に関して問題のないフィーリング。

この映像では、VirtualBoxでのメモリ割当を、2GBに設定しています。

『Korora 26 (Bloat)』について

Kororaには、Cinnamon、GNOME、KDE、MATE、Xfceデスクトップ環境が用意されていますので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。

公式サイトより

最小システム要件(公式サイト参照)

  • CPU:64ビットIntel互換
  • メモリ:2GBメモリ(RAM)
  • 空きディスク容量:20GB

VirtualBox上ではありますが、メモリ2GBは、多少余裕がありそうで、Fedora Remixなので、Fedora のシステム要件も参考にしておくと良いかもしれません。

  • CPU:少なくとも1GHz
  • メモリ:1GB
  • 空きディスク容量:10GB

Kororaは、デスクトップ環境による差を設けていないようですので、大は小を兼ねるということで、メモリ2GBにしていると思われます。

この基準だとWindows 7 以降の普及機PCあたりになってしまいますが、現状サポートが切れていないWindows PC ならば当然7以上ですから、利用できますね。

なお、Xfce デスクトップ環境を選べば、メモリ2GB未満のPCでも問題ない気がします。

ダウンロード

公式サイト

https://kororaproject.org/

ダウンロードページ

https://kororaproject.org/download

Step 1で、「Korora 26」なのを確認

Step 2で、以下のデスクトップ環境から選択

  • Cinnamon
  • GNOME
  • KDE
  • MATE
  • Xfce

Step 3で、isoファイルのダウンロード(ダウンロードサイトへ移動します)

最後にハッシュ値を確認しisoファイルと照合

ハッシュ値とは…という方は、以下の記事を参考にしてください。

ハッシュ値とは、あるデータから算出される値のことで、基本的に違うデータからは同じ値がないとされ、データの真偽に利用されます。ハッシュ関数にはMD5、SHA-1、SHA-2(SHA-256、SHA-384、SHA-512など複数の規格)など、複数の方式があります。

ライブUSBメモリの作成やインストールについては、別記事にいたします。

Korora OSのインストールについて、インストール用USBメモリについて、Fedoraは「UNetbootin」で可能でしたが、Kororaは「Etcher」で起動できました。また、インストールも簡単で、日本語入力も特別な設定なしで可能です。

まとめ

Kororaは、使いやすいシステムを提供することを目標としている「Fedora Remix」

Kororaには、Cinnamon、GNOME、KDE、MATE、Xfceデスクトップ環境が用意されています。

最小システム要件(公式サイト参照)
  • CPU:64ビットIntel互換
  • メモリ:2GBメモリ(RAM)
  • 空きディスク容量:20GB

Windows PCでいえば、Windows 7以降のPCになりますので、基本的に問題がないはずです。

ちなみに、Fedora のシステム要件は以下のとおり

  • CPU:少なくとも1GHz
  • メモリ:1GB
  • 空きディスク容量:10GB

Xfce デスクトップ環境を選べば、メモリ2GB未満のPCでも問題ない気がします。

ダウンロード

公式サイトから