無料OS『MakuluLinux 15 LinDoz』…WindowsライクなOS!

Makulu(発音:Ma-Coo-Loo)は、アフリカ・ズールー語で「権威的な姿(人物)」……Big Chief、Big Momma、Big Daddyを表しており、最も危険なアフリカの動物の一種類である「カバ(ロゴにある)」と結び付けているとのことです。

そして、MakuluLinuxは、Debianベースのディストリビューションであり、LinDozはWindowsと同じようなデザインにすることで、Windowsのユーザーが快適に感じられるように意識しています。

しかし、Windowsのクローンになるように、設計されているのではありません。

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、「MakuluLinux 15 LinDoz 2019.02.12」を VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

上記の映像については、大変ショボイパソコンで利用しているために、録画により若干遅延が発生していますので、ご了承ください。

なお、メモリ4GB程度ある Windows 7 あたりのパソコンなら、ライブ起動で遅延発生などしないで普通に利用できます。

MakuluLinux 15 LinDoz 2019.02.12 について

デスクトップ環境は、Cinnamonを利用しており、ライブユーザー名/パスワードは、makulu / makulu になっています。

LinDozは Debian Testingと、MakuluLinuxから、直接パッチを入手するセミローリングリリースになっているとのことです。

なお、2018年3月の時点から、パブリックビルド用の日付番号付けシステムに切り替えており、日付によって新旧が簡単にわかります。

システム要件(Build Number 2018.10.12より)

今回利用している LinDoz 2019.02.12 のリリース情報が、記事作成時点においてまだないので、一つ前の情報になります。

  • CPU:64ビット
  • メモリ:2GB以上を推奨
  • 必要ディスク容量:10GB以上を推奨

ダウンロード

公式サイト

https://www.makululinux.com/wp/

ダウンロードページ

https://sourceforge.net/projects/makulu/files/downloads/TestBuilds/

ここでは、「MakuluLinux-15-LinDoz-x64-2019.02.12.iso」をダウンロードしています。

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

今回は、UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

なお、インストールと日本語入力については、別の記事にさせていただきます。

インストールで使用するisoファイルは、MakuluLinux-15-LinDoz-x64-2019.02.12.isoになります。また、インストール自体は簡単で、言語を日本語に設定、タイムゾーンの変更、ユーザーネームなどの設定する程度で終わります。
日本語入力の設定で、デフォルトのiBusを利用せずにFcitxをインストール。コマンドで処理するほうが簡単で、ターミナルから行います。その後、メニューから「入力メソッド」を開き、「Fcitx」に設定変更する必要があり、最後にログアウト・ログインを行います。

まとめ

「MakuluLinux 15 LinDoz 2019.02.12」について
  • Windowsライクなデスクトップで、Windowsユーザーが快適に感じられるように
  • Windowsのクローンになるようには設計されてはいない
  • Debian TestingとMakuluLinuxから直接パッチを入手するセミローリングリリース
  • ライブユーザー名/パスワード:makulu / makulu
最小システム要件

リリース情報が一つ前の Build Number 2018.10.12 より

  • CPU:64ビット
  • メモリ:2GB
  • 必要ディスク容量:10GB
ダウンロード

sourceforge.netより

USBメモリへのisoファイルの書き込み

UNetbootinにて作成し、ライブ起動まで確認済み