無料OS『openSUSE Leap 15.1 Beta』…試してみた!

openSUSEプロジェクトによるオープンソースのLinuxディストリビューションで、「Leap」と最新のソフトを積極的に取り込むローリング・リリースモデルの「Tumbleweed」のプロジェクトがあります。

今回は、一般的なデスクトップユーザー向けの「Leap 15.1」のBeta版についてまとめています。

なお、実際に試される方は、Beta版ですのでそのつもりでご利用願います。

スポンサーリンク

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、「openSUSE Leap 15.1 Beta」を VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

上記の映像については、大変ショボイパソコンで利用しているために、多くのKDE Plasmaデスクトップ環境を採用しているOSでは、録画による負荷で遅延が発生することが多い状況です。

しかしながら「openSUSE Leap 15.1 Beta」では、さほど影響が無いようです(つまり軽い)。

 

推奨システム要件

  • CPU:2GHz以上 のデュアルコアプロセッサ
  • メモリ:2GB のシステムメモリ
  • 必要ディスク容量:40GB以上
  • DVD ドライブ、もしくは USB ポート
  • ネットワークインストールの場合はインターネットへの接続

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.opensuse.org/

ダウンロードページ

https://software.opensuse.org/distributions/testing

今回は、「インストールx86_64」タブにある「DVD」イメージをダウンロードしています。

 

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

Windowsでインストール用のUSBメモリを作成する場合は、openSUSEでオススメしている「ImageUSB」を使うと良いでしょう。

利用方法は、以下の記事を参考にしていただければと思います。

『openSUSE』起動可能なインストール用USBメモリ…Windowsでの作成方法!
現在の openSUSEは、他のディストリビューション向けに「イメージを起動可能なUSBメモリに変換する方法」ではできませんとアナウンスしています。フリーソフト『ImageUSB』を使った方法をご紹介。①の部分がUSBメモリを選ぶ②isoファイルを選ぶ③を押せばUSBメモリに書き込み始めます。あとはインストール!

 

インストールについて

今回は、「openSUSE-Leap-15.1-DVD-x86_64-Build416.2-Media.iso」からインストールしています。

USBメモリから起動しメニュー画面で、「F2」キーで日本語設定を行い、「インストール」を選択して、日本語で進めることができます(VitrualBoxでは「F2」キーが有効でしたが、インストールメディアの書き込みソフトによっては、そのようにならないかもしれません)。

基本的には、流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

途中で、デスクトップ環境(KDE Plasma、GNOME他)等を選ぶことができますので、好きなものをインストールすれば良いでしょう。

 

日本語入力について

インストールが完了すれば、「IBus」が設定されているので、すでに日本語入力ができるようになっています。

 

後は、Beta版ということを忘れずに、いろいろ試してみてください。

 

まとめ

「openSUSE Leap 15.1 Beta」のお試しをしてみました。

推奨システム要件
  • CPU:2GHz以上 のデュアルコアプロセッサ
  • メモリ:2GB のシステムメモリ
  • 必要ディスク容量:40GB以上
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール用メディアの作成

Windowsでインストール用のUSBメモリを作成する場合は「ImageUSB」を利用。

インストールと日本語入力について

isoファイルが、インストール用とライブ起動用に分かれていますので、最初に間違わないようにしましょう。

日本語入力については、インストールを行えば、日本語入力設定まで完了します。

 

Beta版ということを忘れずに、お試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました