無料OS『Linux Lite 3.6 Final』…インストール後に日本語化!

Linux Lite 3.6(Xfceデスクトップ環境)がリリースされ、3.4から2つの主要な新機能が追加されています。

まずは、Lite Sourcesはリポジトリセレクタで、あなたに最も近いソフトウェアリポジトリを簡単に選択できるようにします。

Linux Liteブランドのアプリケーションの新しいバージョンがリリースされると、素早くダウンロードすることができます。

もうひとつは、Linux Liteヘルプマニュアル用のオンラインとオフラインの両方を含む検索機能で結果が強調表示され、必要なヘルプコンテンツを簡単に見つけることができます。

まずはデスクトップの雰囲気

古いWindowsパソコンでも問題なく動く『Linux Lite 3.6 Final』日本語化までが済んでいる状況です。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

最小システム要件
  • 700MHzプロセッサ
  • 512MB RAM
  • 解像度1024×768のVGA画面
  • DVDドライブまたはUSBポート

推奨システム要件
  • 1.5GHzプロセッサ
  • 1024MB RAM
  • VGA、DVIまたは1366×768の解像度が可能なHDMI画面
  • DVDドライブまたはUSBポート

ダウンロード&インストール

https://www.linuxliteos.com/forums/release-announcements/linux-lite-3-6-final-released/

isoファイルのダウンロードリンクは、ページの半分よりしたにあります。

インストールはLinux Lite 3.4 と同じでインストール時点で日本語を選べませんので、英語でインストールをしてから、後で日本語化します。

関連記事を参考にインストールしてみてください。

無料OS『Linux Lite』は軽い…古いWindowsパソコンからもOK!

ライブ起動用のUSBメモリからインストールするにはこちらを参考にしてください。

Windows風の無料OS『Zorin』インストール不要でお試し!

今回の新機能について

Linux Liteブランドのアプリケーションの新しいバージョンがリリースされると、Liteソースのおかげで、素早くダウンロードができるというものですが、それほど頻繁に必要なことではありませんので、プラスに感じることはあまりないかもしれません。

また、Linux Liteヘルプマニュアル用のオンラインとオフラインの検索エンジンについては、残念ながら英語ですので、その恩恵は普通の日本人にはあまりないかもしれません。

しかし、Linux初心者が、何かを行う時にネットで情報を探しても、Linux Liteの情報がなかった場合、思ったことを実行できないこともありますが、Linux Liteの情報そのものの集合体ですので、使える情報をすぐに見ることができて、有益だと思います。

まとめ

Linux Lite 3.6(Xfceデスクトップ環境)をリリース

Lite Sourcesはリポジトリセレクタで、最も近いソフトウェアリポジトリを簡単に選択。
Linux Liteヘルプマニュアル用のオンラインとオフラインの両方を含む検索機能の強化(英語)。

最小システム要件

  • 700MHzプロセッサ
  • 512MB RAM
  • 解像度1024×768のVGA画面
  • DVDドライブまたはUSBポート

ダウンロード

https://www.linuxliteos.com/forums/release-announcements/linux-lite-3-6-final-released/

今回の新機能について、Linux Liteヘルプマニュアル用のオンラインとオフラインの検索エンジンの強化については、英語ですが翻訳して利用すれば、必要な情報があるはずですので、ネットを探しまわるより良いかもしれません。