無料OS『Nitrux 1.0.16』…コンパクトで機能的!

Nitruxは、UbuntuベースのLinuxディストリビューションで、経験豊富なユーザーだけでなく、Linuxの初心者も対象にしているOSです。

そして、Nitrux独自のカスタムアプリケーションに沿って、デフォルトでKDE Plasma 5向けに設計された一連のアプリケーションおよびサポートライブラリを選定しています。

また、ChromiumやLibreOfficeなどのKDE以外のアプリや、Qtアプリケーションも含まれています。

Nitrux 1.0.16のデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

低スペックパソコンで録画していますので、実際より少し重い感じになっていると思います。

Nitrux 1.0.16について

搭載しているNomad Desktopは、Plasmaを拡張し、以下がポイントになっています(公式サイトより)。

  • Nomad System Tray
    従来のPlasmaバージョンに代わるシステムトレイです。
  • 通知センター
    簡単に通知センターへアクセスできるよう、システムトレイには特別な機能があります。
  • ネットワークへのクイックアクセス
    ネットワーク環境設定へ簡単にアクセスして編集できます。
  • 簡単なマルチメディアコントロール
    より簡単な操作のために、ボリュームコントロールとプラズマのメディアコントロールを組み合わせています。

選択されたアプリケーション

  • Dolphin:ファイルマネージャー
  • Kate:高度なテキストエディタ
  • Ark:アーカイブツール
  • Konsole:端末エミュレータ
  • Chromium:ウェブブラウザ
  • VLC:マルチメディアプレーヤー
  • LibreOffice:オープンソースのオフィススイート
    など

システム要件

最小要件
  • CPU:2.5 GHzデュアルコア64bit
  • メモリ:2GB
  • 必要な空きディスク容量:5GB
  • Display:32MB VRAM OpenGL 2.1のサポート
  • ネットワーク:イーサネットRJ45ポート
  • その他 :USBブートをサポートするマザーボード
推奨要件
  • CPU:2.66 GHzクアッドコア
  • メモリ:4GB
  • 必要な空きディスク容量:5GB
  • Display:256MB VRAM OpenGL 3.0のサポート
  • ネットワーク:イーサネットRJ45ポート、ワイヤレスカード
  • その他:USBブート、UE​​FIサポートをサポートするマザーボード、レガシー対応ラップトップ

見た目のシンプルでコンパクトなデスクトップと異なり、それなりのシステム要件になっています。

必要な空きディスク容量が少なくて済むので、Live USBで利用するか、デュアルブートで利用するのもありかと思います。

また、USBメモリ自体にインストールしても良いかもしせません。

ダウンロード

https://nxos.org/#download

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

まとめ

Nitrux 1.0.16は、UbuntuベースのLinuxディストリビューション

最小システム要件
  • CPU:2.5 GHzデュアルコア64bit
  • メモリ:2GB
  • 必要な空きディスク容量:5GB
ダウンロード

公式サイトより

USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

シェアする

フォローする