無料OS『Nitrux 1.0.16』…インストールから日本語入力!

前回は、Nitrux 1.0.16について、ちょっとした特徴と、デスクトップの映像、システム要件、インストール用USBメモリ等についてまとめました。

Nitrux 1.0.16は、UbuntuベースのLinuxディストリビューション。最小システム要件は、CPU:2.5 GHzデュアルコア64bit、メモリ:2GB、必要なディスク容量:5GB。インストール用のUSBメモリへの書き込みは、UNetbootin。

今回は、インストールから日本語入力の設定についてまとめています。

インストールとライブ起動確認

  • インストールの確認は、VirtualBox Ver.5.2.18にて、2回行っています。
  • ライブ起動は、次のPCで確認しています。
    • CPU1.9GHzデュアルコアプロセッサ64bit
    • フリーメモリ2.5GB

メモリはとりあえずシステム要件内ですが、CPUは若干、最小要件以下になっています。

この程度ですと、まったく問題ありませんでした。

Nitrux 1.0.16のインストールについて

インストールの各ステップにおいて、それぞれの選択項目を記載していますので、選択したら「次へ」などをクリックして進めてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記の説明のナンバーになります。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. USBメモリを差し込んで、普通にライブ起動させます。
  2. デスクトップ左上にある「Install Nitrux 1.0.16」アイコンをクリックしてインストーラーを起動します。
  3. 言語で「日本語」を選択します。
  4. ロケーション設定で、地図の東京のあたりをクリックして、「Asia Tokyo」を選択します。
  5. キーボード設定で、左「Japanese」右は自身の環境にあったキーボートを選択します(ここでは「Default」を選択)。
  6. ユーザー情報で、名前やパスワードを入力します。
  7. ここでは、丸ごと「ディスクを消去」してインストールします(パソコンのHDDの中身をそっくり入れ替えます)。
  8. 今まで設定した内容を確認し、問題がなければ「インストール」をクリックします。
  9. 10分〜20分程度待つと完了しますので、「今すぐ再起動」にチェックが入っているのを確認し「実行」をクリックしてください。
  10. インストールメディアを取り出す指示がありませんが、この画面の状態で動かなくなると思いますので、ここでインストールメディアを取り出して良いでしょう。

再起動後の対応と日本語入力

コマンドで行う方が簡単ですので、端末から以下のコマンドを実行します。

まずは、アップデートします。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

ログアウト、ログインを行ってから、ワープロソフトやテキストエディターで日本語入力の確認をしてください。

まとめ

Nitrux 1.0.16のインストールから、日本語入力について

インストールとライブ起動確認
  • インストールの確認は、VirtualBox Ver.5.2.18にて
  • ライブ起動は、CPU1.9GHzデュアルコアプロセッサ64bit、フリーメモリ2.5GBのパソコンにて
インストールについて

非常に簡単で、以下の4つのステップにおいて、入力や設定をします。

他は「次へ」や「インストール」などをクリックするだけです。

  • 言語で「日本語」を選択
  • ロケーション設定で「Asia Tokyo」を選択
  • ユーザー情報を入力(名前やパスワード)
  • 「ディスクを消去」してインストールを選択
日本語入力

端末からコマンドで行うのが簡単です。

シェアする

フォローする