無料OS『ArcoLinux 18.11.2』…インストールと日本語入力!

前回は、『ArcoLinux 18.11.2』の特徴やシステム要件の確認、そしてダンロード先についてまとめています。

ArcoLinuxは、Arch Linuxベースのディストリビューションで、ローリング・リリースモデルを採用。ArcoLinux 18.11.2は、日本語入力も割と簡単にできました。最低システム要件は、x86_64互換のマシン、メモリ:512 MB以上思われます。

インストールされる場合は、isoファイルのダウンロードまで行っておいてください。

インストールメディア(USBメモリ)の作成

Etcherにて、USBメモリへの書き込みをしています。

USBメモリから立ち上げ、問題なくライブ起動できました。

ちなみに、UNetbootinにて、2度試しましたが、ライブ起動できませんでした。

インストールと起動の確認について

インストールは、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて3回行っています。

ライブ起動の確認は、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動しています。

インストールは簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えます(現在パソコンに入っているOSは消えますので、できれば使っていないパソコンを再生するのが良いでしょう)。

各インストールステップにおいて、選択項目をわかるようにしますので、設定したら「次へ」などをクリックして、先へ進めてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. USBメモリからライブ起動し、インストーラーが立ち上がったところからで、言語選択において、「日本語」を選択。
  2. ロケーション設定で、地域「Asia」、ゾーン「Tokyo」に設定。
  3. キーボードのレイアウトで、「Japanese」と、 キーボードの種類で「Default」が選択されていると思いますので、問題がなければそのまま設定。
  4. パーティション設定で、ここでは「ディスクの消去」を選択。
  5. ユーザー名とパスワード等を入力。
  6. 今までの設定内容の確認ですので、内容をチェックして良ければ「インストール」をクリックしインストールを実行。
  7. 数十分程度待つと完了しますので、「今すぐ再起動」にチェックをいれて「実行」をクリック。

インストールメディアを抜く指示がでないと思いますので、そのまま再起動してしまったら、一度シャットダウンするなどして、インストールメディア(USBメモリ等)を抜いてから、起動し直してください。

再起動後の日本語入力設定

コマンドで行う方が簡単ですので、ここはターミナルを開いて、以下の2行を別々に入力してください。

まずは、リポジトリの更新から

$ pacman -Syy

次に、Ficitx関連のインストール

$ pacman -S fcitx-im fcitx-mozc fcitx-configtool

エンターを押すと、「fcitx-im」には、パッケージグループが存在すると表示がでますので、特に問題がなければ、そのままエンターキーを押して、すべてインストールしてしまいましょう。

そのあとで、「fcitx-mozc」のインストール確認で、Y/n確認がでますので、「Y」を入力して進めてください。

終了したら、ログアウト・ログインを行ってください。

これで、日本語入力ができるようになっています。

念の為、日本語入力できるかの確認を行っておいてください。

これならば、UbuntuベースのOSと同じ程度の手間なので、あまり慣れていない方でも使えるのではないでしょうか?

まとめ

ArcoLinux 18.11.2のインストールと日本語入力について

インストールメディアの作成

EtcherでUSBメモリへの書き込み、問題なくライブ起動できています。

インストールは簡単

言語の設定とユーザー名やパスワードの設定位で、あとはほぼ進めればインストールは終わります。

再起動後の日本語入力設定

コマンドで簡単に行うだけで終了しますので、とても扱いやすくなっています。