無料OS『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』…使いやすいデスクトップ!

Ubuntu Budgie 18.04 LTS は、Budgieデスクトップを搭載したUbuntuの公式フレーバーの一つですが、以前はBudgie-RemixとしていたOSで、17.04から公式コミュニティに加わっています。

Budgieデスクトップ環境はシンプルですが、デスクトップユーザーにフォーカスし、使いやすくまとまっています。

スポンサーリンク

『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

 

『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』について

Budgieメニューは、アプリケーションに簡単にアクセスでき、カテゴリ表示とコンパクト表示の両方に対応し、サイドパネルはアプレット、通知、設定センターを一箇所で確認できるので、便利になっています。

 

システム要件

64ビットの推奨要件
  • CPU:64ビット対応のIntelとAMDプロセッサ
  • メモリ:4GB以上
32ビットの推奨要件
  • CPU:IntelおよびAMDプロセッサ
  • メモリ:2GB

 

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntubudgie.org/

ダウンロードページ

https://ubuntubudgie.org/downloads

 

インストール用USBメモリの作成

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

Windows風の無料OS『Zorin』インストール不要でお試し!
散々使い慣れたWindowsから他のOSへは、簡単に移行できないかもしれませんが、フィーリングが似ている無料OSならどうでしょうか? Zorin OSは、操作性や雰囲気がWindows風で、さらにWineが初めから入っていますので、Windowsのアプリケーションソフトを、このOS上で実行することが可能です。

 

『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』のインストールは簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動させ、デスクトップにあるインストールアイコンから、インストーラーを起動します
  2. インストーラーが立ち上がったら、「日本語」を選択します
  3. キーボードレイアウトで左側「日本語」、右側「日本語」もしくは該当するキーボードを選択します
  4. 今回は、設定のとおりに進めますが、好みで取捨選択しても問題ありません
  5. インストールの種類で、今回は「ディスクを削除してUbuntu Budgieをインストール」を選択します
    ※デュアルブートの場合は、異なりますので、ご注意願います。
  6. ディスクの書き込み確認ですので、よければそのまま
  7. ロケーション選択で、「Tokyo」を選択します
  8. ユーザー情報やパスワードを設定します
  9. いままでインストール設定した状況に応じて、数十分程度待つとインストールが終了、「今すぐ再起動する」をクリックします
  10. インストールメディアを抜く指示なので、USBメモリまたはDVDなどを抜き出し、エンターキーを押します

なお、日本語入力についても問題ありません。

 

まとめ

Ubuntu Budgie 18.04 LTS は、Ubuntuの公式フレーバーの一つで、以前はBudgie-RemixとしていたOS

Budgieメニューは、アプリケーションに簡単にアクセスでき、カテゴリ表示とコンパクト表示の両方に対応

サイドパネルはアプレット、通知、設定センターを一箇所で確認できる

システム要件

64ビットの推奨要件

  • CPU:64ビット対応のIntelとAMDプロセッサ
  • メモリ:4GB以上

32ビットの推奨要件

  • CPU:IntelおよびAMDプロセッサ
  • メモリ:2GB
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページ

インストールは簡単

最低限、ユーザー情報やパスワードの設定だけで、あとは「続ける」などをクリックするだけでも完了し、日本語入力についても、問題ありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました