無料OS『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』…使いやすいデスクトップ!

Ubuntu Budgie 18.04 LTS は、Budgieデスクトップを搭載したUbuntuの公式フレーバーの一つですが、以前はBudgie-RemixとしていたOSで、17.04から公式コミュニティに加わっています。

Budgieデスクトップ環境はシンプルですが、デスクトップユーザーにフォーカスし、使いやすくまとまっています。

『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』について

Budgieメニューは、アプリケーションに簡単にアクセスでき、カテゴリ表示とコンパクト表示の両方に対応し、サイドパネルはアプレット、通知、設定センターを一箇所で確認できるので、便利になっています。

システム要件

64ビットの推奨要件
  • CPU:64ビット対応のIntelとAMDプロセッサ
  • メモリ:4GB以上
32ビットの推奨要件
  • CPU:IntelおよびAMDプロセッサ
  • メモリ:2GB

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntubudgie.org/

ダウンロードページ

https://ubuntubudgie.org/downloads

インストール用USBメモリの作成

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

『Ubuntu Budgie 18.04 LTS』のインストールは簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動させ、デスクトップにあるインストールアイコンから、インストーラーを起動します
  2. インストーラーが立ち上がったら、「日本語」を選択します
  3. キーボードレイアウトで左側「日本語」、右側「日本語」もしくは該当するキーボードを選択します
  4. 今回は、設定のとおりに進めますが、好みで取捨選択しても問題ありません
  5. インストールの種類で、今回は「ディスクを削除してUbuntu Budgieをインストール」を選択します
    ※デュアルブートの場合は、異なりますので、ご注意願います。
  6. ディスクの書き込み確認ですので、よければそのまま
  7. ロケーション選択で、「Tokyo」を選択します
  8. ユーザー情報やパスワードを設定します
  9. いままでインストール設定した状況に応じて、数十分程度待つとインストールが終了、「今すぐ再起動する」をクリックします
  10. インストールメディアを抜く指示なので、USBメモリまたはDVDなどを抜き出し、エンターキーを押します

なお、日本語入力についても問題ありません。

まとめ

Ubuntu Budgie 18.04 LTS は、Ubuntuの公式フレーバーの一つで、以前はBudgie-RemixとしていたOS

Budgieメニューは、アプリケーションに簡単にアクセスでき、カテゴリ表示とコンパクト表示の両方に対応

サイドパネルはアプレット、通知、設定センターを一箇所で確認できる

システム要件

64ビットの推奨要件

  • CPU:64ビット対応のIntelとAMDプロセッサ
  • メモリ:4GB以上

32ビットの推奨要件

  • CPU:IntelおよびAMDプロセッサ
  • メモリ:2GB
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページ

インストールは簡単

最低限、ユーザー情報やパスワードの設定だけで、あとは「続ける」などをクリックするだけでも完了し、日本語入力についても、問題ありません。