無料OS『Chakra 2019.01-RC3』…Plasmaにしては軽い!

Chakraは、KDEとQtテクノロジを重視したGNU/Linuxディストリビューションで、Arch Linuxから分岐したセミローリング・リリースモデルのOSです。

また、デフォルトデスクトップ環境は、KDE Plasmaですが、他のPlasmaデスクトップを採用しているOSと比較して、軽い印象を受けました。

なお、Chakraは「ハーフローリングモデル(half-rolling model)」と表現しており、定期的に更新されるシステムコア上で、最新バージョンのPlasmaデスクトップとアプリケーションを利用できるようになっています。

『Chakra 2019.01-RC3』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作状況の確認を行いました(メニューからプリインストールアプリがわかります)。
なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『Chakra 2019.01-RC3』について

2018年12月末にリリースしているRC2版では、VirtualBoxにおいてですが、2度インストールを試して、2度とも途中でフリーズ状態でした(VirtualBoxのバージョンのみ変わっています)。

また、その前のバージョンのChakraでは、日本語入力設定がうまく行かずに断念していました。

あくまでも、当方のパソコン環境でのことですので、他の方が同じ状況かはわかりません。

しかし、ここに来てRC3版では、なんの問題もなくインストールから日本語入力設定まで、いとも簡単に終わり、当方の環境でも使えるOSになったようです。

システム要件

記事作成時点で、『Chakra 2019.01-RC3』のシステム要件が見つかりませんでしたので、「Chakra 2017.10 “Goedel”」時点の内容になります。

  • CPU:64ビットをサポートしたプロセッサx86-64、x64、x86_64、AMD64、およびIntel 64
  • メモリ:2GBのRAM
  • ディスク:ドライブスペースの8GB
  • 1024 x 768以上の解像度が可能なスクリーン
  • インターネット接続(厳密には必須でない)

ダウンロード

公式サイト

https://www.chakralinux.org/

ダウンロードページ(URL)

https://rsync.chakralinux.org/releases/testing/

インストール用USBメモリの作成

今回は「Etcher」で書き込み、ライブ起動まで確認出来ています。

また、公式サイトでは、Windows環境において「win32diskimager」をオススメしているようです。

なお、いつも使っている「UNetbootin」では、うまく起動できませんでした。

インストールと日本語化及び日本語入力については別記事にいたします。

まとめ

Chakra(2019.01-RC3)は、Arch Linuxから分岐したセミローリング・リリースモデルのGNU/Linuxディストリビューションです。

RC3版ではあるものの使えるようになった

インストールから日本語入力設定まで、簡単に利用できるOSになったようです(当パソコン環境下にて)。

システム要件(Chakra 2017.10 “Goedel”より)
  • CPU:64ビットをサポートしたプロセッサ
  • メモリ:2GBのRAM
  • ディスク:ドライブスペースの8GB
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページ(URL)より

インストール用メディアの作成

「Etcher」で書き込み、ライブ起動まで確認