無料OS『Chakra 2019.01-RC3』…簡単インストールで日本語入力も!

前回は『Chakra 2019.01-RC3』の特徴や、システム要件などについて記事にしました。

Chakra(2019.01-RC3)は、Arch Linuxから分岐したセミローリング・リリースモデルのGNU/Linuxディストリビューションです。RC3版ではあるもののインストールから日本語入力設定まで、簡単に利用できるようになっています。

今回は、インストールから日本語入力までになります。

まだ、ご覧頂いていないようでしたら、上記の記事から読み進めていただければと思います。

インストールとライブ起動確認

インストールの確認は、VirtualBox バージョン6.0.2にて、計2回行っています。

ライブ起動は、元 Windows 7 professional(64bit)パソコンで行いました。

なお、インストールで使用するisoファイルは「chakra-2019.01.15-ddf5ae10-x86_64.iso」です。

『Chakra 2019.01-RC3』のインストールについて

パソコンのハードディスクを消去して、現在のOSを入れ替えになりますので、デュアルブートにしたい場合は、それぞれ個別に対応してください。

また、各ステップの選択項目を記載してありますので、選択したら「次へ」などをクリックして進めてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記の番号とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動し、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要になります。

  1. USBメモリから起動すると、英語のメニューになりますので、「F2」キーを押して言語を変更します。
  2. カーソルを日本語に持っていって、エンターキーを押します。
  3. 先程のメニューに戻り、日本語になっていますので、そのまま「Start Chakra Live」の状態でエンターキーを押します。
  4. ライブ起動したら、赤矢印のところの「Install Chakra」をクリックして、インストーラーを起動します。
  5. 言語はすでに、「日本語」になっているので、そのまま進めます。
  6. タイムゾーンの設定で、日本(東京)のあたりをクリックして、地域「Asia」、ゾーン「Tokyo」にします。
  7. キーボード設定では、すでに「Japanese」になっていると思いますので、右側のデフォルトになっている設定を確認(または変更)して進めます。
  8. 「ディスクの消去」を選択しますので、現在にハードディスクドライブ内の情報は削除されますので、ご注意ください。
  9. ユーザー名やパスワードなどを設定します。
  10. 今まで設定した内容の確認画面になりますので、問題があれば「戻る」で修正し、よければ「インストール」で続けてください。
  11. インストールが終わったので、「今すぐ再起動」にチェックを入れて、「実行」してください。
  12. インストールメディアを抜く指示がなく、再起動し、英語のメニューが出ると思いますので、「Boot from Hard Disk」を選択して、インストールしたHDDから起動させます(起動後にUSBメモリなどを抜き取ってください)。

日本語入力の設定

再起動後は、特に日本語入力の設定も必要なく、すでに日本語入力ができるようになっています。

念の為、エディターなどで確認しておいてください。

まとめ

『Chakra 2019.01-RC3』のインストールから日本語入力まで!

インストールで使用するisoファイル

chakra-2019.01.15-ddf5ae10-x86_64.iso

インストールについて

起動時に日本語に設定変更してあれば

  • タイムゾーンの変更
  • ユーザーネームなどの設定
  • ディスクを削除してインストールするチェックを入れる

この程度の設定や変更、チェックなど、簡単に済みます。

日本語入力の設定は不要

再起動後は、すでに日本語入力ができるようになっています。

シェアする

フォローする