Ubuntu Budgie 20.04 LTS…インストールから日本語入力まで!

Ubuntu Budgie は、Budgie デスクトップ環境の Ubuntu フレーバーです。

今回は Ubuntu Budgie 20.04 LTSのインストールから日本語入力まで、さらっとまとめています。

特に蘊蓄なとはありませんので、ご了承願います。

スポンサーリンク

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.6)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

あくまでも体感ですあ、先日試した Ubuntu MATE より若干重い感じがしますが、普通にインストールして利用するならあまり気にならないと思います。

なにせ、低スペックパソコン(CPU:1.7GH 2コア、メモリ:5GB)にて、VirtualBoxのゲストOSとしていることや録画による負荷もありますので、ちょっとした差でも感じます。

なお、システム要件的にみてもメモリ2GBも不足していますから、仕方がありません。

 

Ubuntu Budgie 20.04 LTS について

Ubuntu Budgie 20.04 は、長期サポート(LTS)リリースですので、2023年4月まで3年間サポートされる予定です。

今回は、「ubuntu-budgie-20.04-desktop-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

システム要件

  • CPU:64ビット対応のIntelおよびAMD
  • メモリ:4GB以上
  • CSMモードで起動するUEFI PC

 

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntubudgie.org/

ダウンロードページ

https://ubuntubudgie.org/downloads/

 

インストール(VirtualBox)

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

このインストールはパソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください(デュアルブートなどの場合は、それぞれ個別に対応してください)。

 

日本語入力について

インストールが終わって再起動した段階で、日本語入力はできませんでした。

手順の流れをGIFアニメ化しています。

メニューの「システムツール」→「入力メソッド」を開きます。

以下の要領で、「OK」「はい」などの肯定を選択し、Fcitxを設定しました。

完了後、ログアウト、ログインを行ない日本語入力ができるようになりました。

 

まとめ

Ubuntu Budgie 20.04 LTSのインストールから日本語入力まで

  • Ubuntu Budgie は、Budgieデスクトップ環境の Ubuntu。
  • 長期サポートリリースなので、2023年4月まで3年間サポートされる予定。
  • 今回は「ubuntu-budgie-20.04-desktop-amd64.iso」をインストール。
システム要件
  • CPU:64ビット対応のIntelおよびAMD
  • メモリ:4GB以上
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力設定について

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了しますが、日本語入力については設定が必要でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました