Ubuntu Studio 19.10 Beta…マルチメディア指向のOS!

今回は、Ubuntu Studio 19.10(Eoan Ermine)のベータ版を試してみました。

記事の内容としては、インストールとデスクトップやメニューなどの映像とその説明になります。

なお、実際に試される方は、Beta版ですのでそのつもりでご利用願います。

Ubuntu Studio 19.10 Beta のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.12)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

Ubuntu Studio 19.10 について

Ubuntu Studioは、映像・音楽・グラフィックなどの各種ソフトウエアをOSのインストール時に選んで、または用意されたものを全て簡単にインストールすることができます。

今回は、「ubuntustudio-19.10-beta-dvd-amd64.iso」ファイルを利用してインストールしています。

ダウンロード

公式サイト

http://ubuntustudio.org/

CDイメージのダウンロードページより

http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/19.10/beta/

インストール(VirtualBox)

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了しますので、手順の流れをGIFアニメにしておきます。

ライブ起動してからのステップになります。

※あくまでもBeta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境でお試しください。

日本語入力

インストール後の再起動を行えば、日本語入力できるようになっています

まとめ

Ubuntu Studio 19.10 (Eoan Ermine) Beta
  • 映像・音楽・グラフィックソフトが満載
  • インストールには「ubuntustudio-19.10-beta-dvd-amd64.iso」ファイルを利用
ダウンロード

CDイメージのダウンロードページより

インストールと日本語入力

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了しますが、インストール時に選ぶマルチメディア系のソフトの数によって、他のUbuntuフレーバーよりも大幅に時間がかかります。

※Beta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境で試してください。