Ubuntu MATE 20.04.2 LTS…インストールから日本語入力まで!

Ubuntu MATE は、MATE デスクトップ環境の Ubuntu フレーバーです。

今回は Ubuntu MATE 20.04.2 LTSのインストールから日本語入力までを確認しています。

特に蘊蓄なとはありませんので、ご了承願います。

スポンサーリンク

Ubuntu MATE 20.04.2 LTS デスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.16)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

上記の映像のように起動からワープロソフトでの日本語入力をしていますが、録画しているための負荷があっても特に遅延などは感じませんでしたので、比較的に軽いOSという印象でした。

 

Ubuntu MATE 20.04.2 LTS について

今回は、「ubuntu-mate-20.04.2-desktop-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

推奨システム要件

  • CPU:Core 2 Duo 1.6GHz
  • メモリ:4GB
  • 必要ディスク容量:16GB
  • ブートメディア:起動可能なDVD-ROMまたはUSBフラッシュドライブ
  • ディスプレイ解像度:1440 x 900以上(グラフィックアクセラレーションあり)

 

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntu-mate.org/

ダウンロードページ

https://ubuntu-mate.org/download/amd64/

 

インストールについて

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力も設定等は不要

インストールが終わって、再起動した段階で、すでに日本語入力は可能になっています。

 

まとめ

Ubuntu MATE 20.04.2 LTSのインストール

今回は「ubuntu-mate-20.04.2-desktop-amd64.iso」をインストール

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力設定について

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了し、再起動後は日本語入力も可能になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました