Peppermint 10 … 32&64bitに対応した軽く使いやすいOS!

2019年5月17日にリリースされた「Peppermint 10(20190514)」について、簡単な特徴とインストールについてまとめました。

Peppermint 10 は、Ubuntu 18.04 LTS(長期サポート)ベースのOSで、32bitと64bitの両方のハードウエアをサポートしています。

Peppermint OSを提供しているのは、英国コーンウォール州を拠点として活動しているソフトウェア会社です。

Peppermint 10 デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

Peppermintのデフォルトのデスクトップ環境はLXDE (Lightweight X11 Desktop Environment)であり、軽量でわかりやすいデスクトップになっています。

Peppermint 10 について

isoファイルから起動する時、インストーラまたはOEMインストールオプションに直接進むと、背景イメージが表示されない視覚異常が発生する可能性がありますが、システムには影響ないとのことです。

Peppermint 9 は、日本語化について少し面倒でしたが、Peppermint 10 では解決しています。

ダウンロード

公式サイト:https://peppermintos.com/

トップページの「DOWNLOAD 32 BIT」か「DOWNLOAD 64 BIT」のアイコンをクリックするとダウンロードウインドが表示されます。

ダウンロードウインドウ下部にあるアイコンをクリックしますが、どちらかわからない方は、左側の「Direct Download」をクリックしてください。

今回インストールでは、「Peppermint-10-20190514-amd64.iso」をダウンロードしています(64bitのPCへインストール)。

インストール(VirtualBox)

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 直接インストールせずにライブ起動させます。
  2. ライブ起動したら、デスクトップ左上のインストールアイコンからインストールしてください。
  3. 一番下に日本語とありますので、選択します。
  4. キーボードレイアウトで、すでに「日本語」が選択済みのハズ。右側は使っているキーボードの種類を選びます。
  5. アップデートと他のソフトウエアについて、今回は設定のまますすめます。
  6. 「ディスクを削除してPeppermintをインストール」を選択します。
    ※ハードディスクの内容が全て削除されますので、ご注意ください。
  7. ディスクの書き込み確認ですので、よければそのまま。
  8. ロケーション選択で、「Tokyo」が選択されていると思います。
  9. ユーザー情報やパスワードを設定します。
  10. ここでインストール設定した状況に応じて、数十分程度待つとインストールが終了しますので、「今すぐ再起動する」をクリックします。

インストールメディアを抜く指示がなく、ライブ起動してしまったら、USBメモリ等を抜いて再起動し直してください。

日本語入力について

インストールが終了し再起動したら、すでに日本語入力は可能になっています。

まとめ

Peppermint 10 特徴のまとめとインストール

Ubuntu 18.04 LTSベースのOSで、32bitと64bitをサポート

ダウンロードについて

公式サイトトップページより

Peppermint-10-20190514-amd64.iso」をダウンロード(インストールは64bitのPC)

インストールは簡単

インストーラー起動後は、最初に日本語を選択すれば、入力はユーザーネームとパスワード程度で済みますし、クリックを何回かするだけで完了します。

日本語入力の設定ついて

特に必要なく、再起動後は日本語入力が可能になっています。