Lubuntu 20.04.2 LTS…インストールから日本語入力まで!

Lubuntu は、Lightweight Qt デスクトップ環境(LXQt)を使用する Ubuntu フレーバーです。

今回は Lubuntu 20.04.2 LTS のインストールから日本語入力までを確認しています。

特に蘊蓄なとはありませんので、ご了承願います。

スポンサーリンク

Lubuntu 20.04.2 LTS のデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.16)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Lubuntu 20.04.2 LTS について

今回は、「lubuntu-20.04.2-desktop-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

ダウンロード

公式サイト

https://lubuntu.me/

ダウンロードページ

https://lubuntu.me/downloads/

 

インストールについて

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力について

インストール後の再起動が済んだ段階で、日本語入力ができるようになっていません。

fcitxは導入されていますが、言語パックの不足があるようなので、簡単にターミナルからコマンドでインストールし直します。

アップデートから

$ sudo apt-get update

「fcitx mozc」のインストール

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「y」で進めてください。

終わったら、ログアウト・ログインを行います。

これで、日本語入力が出来るようになりました。

 

まとめ

Lubuntu 20.04.2 LTSのインストール

Lubuntu は、LXQtデスクトップ環境の Ubuntu。

今回は「lubuntu-20.04.2-desktop-amd64.iso」をインストール。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールについて

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

日本語入力設定について

他の Ubuntu フレーバーのようにインストール後の再起動が済んだ段階で、日本語入力ができるようになっていません。

コマンドで、fcitxをインストールすれば良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました