Pardus 19.0 XFCE(64-bit)…軽くて使いやすい!

Pardusは、中小企業や公共機関向けに設計され、パフォーマンスの高い使いやすいインターフェイスを備えており、TÜBİTAK ULAKBİM(トルコ科学技術研究評議会 国立アカデミックネットワーク情報センター)によって開発されたDebianベースのディストリビューションです。

Pardus 19.0 XFCEのデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

メニュー操作は軽快で特に問題はなく、オフィスソフトの立ち上げも特別遅い感じはありませんでした。

ただ、LibreOfficeの日本語化ができていなかったので、日本語入力はできますが、別途対応が必要ですね。

Pardus 19.0 について

デフォルトのデスクトップ環境はXFCE 4.12であり、軽量、ユーザーフレンドリー、システムリソースの使用量が少なく、高速なシステムを目指しています。

今回は、Pardus 19.0 XFCE (64-bit)「Pardus-19.0-XFCE-amd64.iso」を利用してインストールしました。

システム要件

  • CPU(64bit)最小:1.0Ghz、推奨:1.6Ghz以上
  • メモリ:最小1GB、推奨:2GB以上
  • 必要なディスク容量:最小8GB、推奨10GB以上
  • 800×600以上の解像度をサポートできるグラフィックプロセッサ

ダウンロード

公式サイト

https://www.pardus.org.tr/

ダウンロードページ

https://www.pardus.org.tr/surumler/

インストール

ここでは、VirtualBoxでインストールした手順を記載しておきます。

実機にインストールする場合は、ハードディスクの全内容を消去するやり方になりますので、ご注意ください。

以下のGIFアニメのナンバーは下記ステップと同じになり、選択項目を表示していますので、「続ける」などをクリックしてください。

※実機での利用は、isoファイルを書き込んだUSBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 「English」を選択
  2. 「Install with Graphical User Interface」を選択してインストール
    ※「Parudus Live」からでもよいのですが、うまくLive起動できませんでした。
  3. インストーラーが立ち上がり、言語で「Japanese-日本語」を選択
  4. ロケーション、場所の選択で「日本」を選択
  5. キーボードの設定で「日本語」を選択
  6. ネットワークの設定(ホスト名)で、ここではVirtualBoxなので適当にそのまま
  7. ネットワークの設定(ドメイン名)で、ここではVirtualBoxなので適当に
  8. ユーザー名の入力設定
  9. ユーザーアカウント名の入力設定
  10. パスワードを入力設定
  11. ディスクのパーティショニングは「ガイド-ディスク全体を使う」を選択
  12. パーティショニングするディスクの選択はそのまま
  13. 「すべてのファイルを1つのパーティションに」を選択
  14. 書き込み確認で、問題がなければ書き込みを設定
  15. ディスクのパーティショニングで、書き込みの確認
  16. マスターブートレコードにGRUBブートローダーをインストール「はい」を選択
  17. ブートローダーをインストールするデバイスを選択
  18. インストールが完了し、(インストールメディアを抜き出して)再起動

アップデートと日本語入力について

再起動後、コマンドで行う方が簡単ですので、端末を起動させて以下のコマンドを実行します。

まずは、アップデートしておきます。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

ログアウト、ログインを行ってから、日本語の入力確認をしてください。

まとめ

Pardus 19.0 XFCE インストールと日本語入力まで

今回は「Pardus-19.0-XFCE-amd64.iso」をインストール

最小システム要件
  • CPU(64bit):1.0Ghz
  • メモリ:1GB
  • 必要なディスク容量:8GB
ダウンロード

公式サイトより

インストール(VirtualBox)

細かい設定が必要ですが、難しいところはありませんので、手順を確認しながら行えば問題ないでしょう。

日本語入力について

以下のコマンドで実行します。

  • $ sudo apt-get update
  • $ sudo apt-get install fcitx-mozc