Xubuntu 19.10 Beta…Xfceデスクトップ環境で軽い!

Xubuntuはもちろん、その他公式フレーバーも2019年10月17日に、19.10バージョンの正式リリースが予定されています。

そこで今回は、Xubuntu 19.10 (Eoan Ermine)のベータ版を試してみました。

記事の内容としては、インストールとデスクトップやメニューなどの映像で、あとはリリース情報のまとめ程度になります。

なお、実際に試される方は、Beta版ですのでそのつもりでご利用願います。

Xubuntu 19.10 Beta のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.12)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

Xubuntu 19.10 について

このバージョンのサポート期間は、9ヶ月間で2020年7月までになります。

長期サポートバージョンが良い場合には、Xubuntu 18.04 LTSをご検討ください。

Xubuntu 18.04 LTSは、軽量・高速なデスクトップ環境を目指しているUbuntuの公式に派生したディストリビューション。メモリ1GBレベルでの操作感の違いは、軽いLubuntuと比べて、ほぼ同等の感じです。最小システム要件は次のとおり…

ダウンロード

公式サイト

https://xubuntu.org/

cdimageダウンロードページより

http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/19.10/beta/

インストール(VirtualBox)

今回は、「xubuntu-19.10-beta-desktop-amd64.iso」ファイルを利用してインストールしています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了しますので、手順の流れをGIFアニメにしておきます。

※あくまでもBeta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境でお試しください。

日本語入力

日本語入力については、インストール後の再起動が終われば、入力可能になります。

まとめ

Xubuntu 19.10 (Eoan Ermine) Beta

Xubuntu 19.10 について

サポート期間は、9ヶ月間で2020年7月まで

ダウンロード

cdimageダウンロードページより

インストールと日本語入力

「xubuntu-19.10-beta-desktop-amd64.iso」のイメージを利用

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了し、再起動後は日本語入力が可能になります。

※Beta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境で試してください。