Lubuntu 19.10 Beta…LXQtデスクトップ環境の軽量OS!

2019年10月に正式リリースが予定されているLubuntu 19.10。

今回は、Lubuntu 19.10 (Eoan Ermine)のベータ版を試してみました。

記事の内容としては、インストールと日本語入力設定、デスクトップやメニューなどの映像になります。

なお、実際に試される方は、Beta版ですのでそのつもりでご利用願います。

Lubuntu 19.10 Beta のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.12)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

Lubuntu について

Lubuntu は、Ubuntu ベースで LXQt(Lightweight Qt Desktop Environment)デスクトップ環境の高速で使いやすく、省エネになるように設計されているOSです。

ダウンロード

公式サイト

https://lubuntu.me/

ダウンロードページより

https://lubuntu.me/downloads/

ページをスクロールした真ん中あたりのリンクボタンになります。

一番上は、「19.04 Disco Dingo (LXQt)」なのでご注意ください。

インストール(VirtualBox)

今回は、「lubuntu-19.10-beta-desktop-amd64.iso」ファイルを利用してインストールしています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了しますので、ライブ起動してからの手順をGIFアニメにしておきます。

※あくまでもBeta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境でお試しください。

日本語入力

Ubuntu 19.10 や Xubuntu 19.10 のベータ版とは異なり、インストール後に再起動しても日本語入力はできるようになっていません。

コマンドで「fcitx-mozc」をインストールしました。

やり方が必要な方は、以下の前バージョンの記事を参考にしてください。

サポート期限は、2020年1月までになります。インストールは簡単で、入力はユーザーネームとパスワード程度、あとはクリックを何回かするだけでインストールできます。また、日本語入力については、「fcitx mozc」をターミナルからインストールが簡単です。

まとめ

Lubuntu 19.10 (Eoan Ermine) Beta

Lubuntu について

LXQt(Lightweight Qt Desktop Environment)デスクトップ環境の高速で使いやすく、省エネになるように設計されているOS

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力

「lubuntu-19.10-beta-desktop-amd64.iso」のイメージを利用

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

日本語入力については、コマンドで「fcitx-mozc」をインストールしました。

※Beta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境で試してください。