Lubuntu 19.04 LXQtデスクトップ…軽く使いやすい!

Lubuntu(19.04)は、64bit版のみの対応になり、デフォルトでのLXQt(Lightweight Qt Desktop Environment)デスクトップ環境になってから2回目のリリースになります。

また、サポート期限は、2020年1月までになりますのでご注意ください。

Lubuntu 19.04 デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

最近の新しい Ubuntu は、重くなってきてしまっていますが、この Lubuntu 19.04 LXQtデスクトップは、軽くて使いやすそうです。

Lubuntu 19.04 について

UbuntuフレーバーであるLubuntuは、デフォルトでLXQtデスクトップ環境になり、シンプルで軽く機能的なOSです。

ダウンロード

公式サイト

https://lubuntu.me/

ダウンロードページ

https://lubuntu.me/downloads/

19.04 Disco Dingo (LXQt)の「Desktop 64-bit」からlubuntu-19.04-desktop-amd64.isoをダウンロードします。

インストール(VirtualBox)

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「次へ」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動した画面で、インストーラーアイコンをクリックします。
  2. インストーラーが起動しますので、「日本語」を選択します。
  3. タイムゾーンの設定で、地域「Asia」ゾーン「Tokyo」が選択されていると思いますので、そのまま進めます。
  4. キーボードのレイアウトで、「Japanese」、右側は使っているキーボードを選択します(ここはデフォルトを選択)。
  5. パーティションで、ここでは「ディスクの消去」を選択します(現在のハードディスクの内容が消去されますのでご注意ください)。
  6. ユーザー名や、パスワード等を設定します。
  7. ここまでの設定を確認し、よければそのまま「インストール」をクリックします。
  8. セットアップ続行の確認が出ますので、問題がなければ「今すぐインストール」をクリックします。
  9. 数十分程度待つとインストールが完了しますので、「今すぐ再起動する」をチェックが入っているのを確認して「実行」をクリックします。
  10. ここでインストールメディア(実機の場合はUSBメモリ等)を抜いて、エンターキーを押してください。

日本語入力

インストール後に再起動した段階で、日本語入力ができるようになっていません。

そこで、手っ取り早くターミナルを起動して「fcitx mozc」をインストールしてしまいます。

アップデートから
$ sudo apt-get update
fcitx mozcのインストール
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

終わったら、ログアウト・ログインを行います。

これで、日本語入力が出来るようになりました。

まとめ

Lubuntu 19.04 LXQtデスクトップ

サポート期限は、2020年1月まで

ダウンロードについて

公式サイトダウンロードページ

19.04 Disco Dingo (LXQt)をダウンロード

インストールは簡単

入力はユーザーネームとパスワード程度で、あとはクリックを何回かするだけでインストールできます。

日本語入力について

「fcitx mozc」をターミナルからインストールが簡単です。

シェアする

フォローする