無料OS『Bodhi Linux 5.0.0』軽い…古いPCでも対応可!

Bodhi Linuxは、軽量でMokshaウィンドウマネージャを使用するUbuntuベースのディストリビューションです。

今回は、『Bodhi Linux 5.0.0』のプレリリース版を試してみました。

なお、日本語設定について、少し面倒な感じがありますが、この部分は前バーションと同じ対応が必要です。

以前の「Bodhi Linux 4.4.0」の記事を参考にしていただければ、日本語設定は簡単にできると思います。

軽量で、最小限の基本システムが売りのBodhi Linux は、Windows XP レベルのパソコンでも稼働します。最小システム要件は、500MHzのCPU、256MBのメモリー、4GBのドライブスペースで稼働しますので、Windows XPクラスの古いパソコンでも機能します。

『Bodhi Linux 5.0.0』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.12)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

なお、この映像では「LibreOffice」の一部をインストールしていますので、メニューに表示されます。

『Bodhi Linux 5.0.0』について

5.0.0の安定版のリリースは、8月中旬以降になるようですが、特に古いPCを再生させたい方には、候補になるOSではないでしょうか?

また、現時点ではプリインストールされている「ePad」テキストエディタにおいて、日本語入力ができないという状況でした(テストしたPC環境による場合もあります)。

もちろん、それ以外のブラウザーやオフィスソフトでは、日本語入力できますので、さほど問題ではないかと思います。

システム要件

現時点では、まだプレリリースという状況のためか、公式サイトで『Bodhi Linux 5.0.0』のシステム要件は、探した限りみつけられませんでした。

そのため、VirtualBoxでのテストになりますが、前バージョンでの、システム要件から考慮して、以下の基準で試してみました。

VirtulaBoxでのメモリ256MBの割当

このメモリレベルでは、残念ながらメニューすら表示できませんでした。

VirtulaBoxでのメモリ512MBの割当

このパフォーマンスは、メモリ2GB割り当てた場合と、ほとんど変わらない印象でした。

以下の映像は、メモリを512MBで操作した状況です。

オフィスソフトの起動と、日本語入力の変換の反応速度を見ていただければと思います。

基本的に、メニュー操作や、オフィスソフトでの日本語入力や変換などでは、メモリ2GBの時と比べて、特に遅延を感じませんでした。

つまり、システム要件につきましては、VirtualBoxでのテストの結果、以下が妥当かと思われます。

  • CPU:64bit(の場合)
  • メモリ:512MB以上

ダウンロード

公式サイト

http://www.bodhilinux.com/

ダウンロードページ

https://www.bodhilinux.com/2018/07/02/bodhi-linux-5-0-0-release-candidate/

まとめ

『Bodhi Linux 5.0.0』のプレリリース版

日本語設定について、言語設定するために、「言語設定を表示する」設定を行う必要があります。

以前の「Bodhi Linux 4.4.0」の記事を参考にしてください。

『Bodhi Linux 5.0.0』の安定版リリースは、8月中旬以降になるとのことです。

システム要件

VirtualBoxでのテストになりますが、前バージョンでの、システム要件から考慮して、以下の基準で試してみました。

  • メモリ256MB:メニューすら表示できません。
  • メモリ512MB:特に遅延も感じなく、普通に使える印象でした。

つまり、システム要件につきましては、以下が妥当かと思われます。

  • CPU:64bit(の場合)
  • メモリ:512MB以上
ダウンロード

公式サイトダウンロードページ