無料OS『Bodhi Linux』軽量・最小限の基本システム…古いPCでも稼働する!

軽量で、最小限の基本システムが売りのBodhi Linux は、Mokshaウィンドウマネージャを使用するUbuntuベースのディストリビューションです。

軽量OSに感じない印象がありますが、Lubuntuのように軽いOSでWindows XP レベルのパソコンでも稼働します。

Bodhi Linux 4.4.0のデスクトップはこんな雰囲気

Bodhi Linux は、ユーザーに対して、はじめから不要なアプリをインストールするのではなく、必要なアプリケーションを選択して、インストールするべきと考えています。

これは、VirtualBoxにて、メモリ1Gに設定して録画しています。

Bodhi Linuxの稼働システム要件

最小:
  • 500MHzのCPU
  • 256MBのメモリー
  • 4GBのドライブスペース
推奨:
  • 1.0GHzのCPU
  • 512MBのメモリー
  • 10GBのドライブスペース

インストールと起動テストについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.2にて、計2回行っています。

ライブ起動テストは、元Windows XP(256MBに512MB増設、32bit)パソコンで行いました。

ダウンロード

Bodhi Linux 公式サイト

http://www.bodhilinux.com/download/

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

Bodhi Linuxのインストールはとっても簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 一番上のライブ起動を選びます。
  2. 起動したデスクトップ画面で、下部左から3つ目の「Bodhi Linux」のアイコンがインストールアイコンですので、クリックしてインストーラーを起動します。
  3. 一番下が「日本語」になっていますので、選択します。
  4. アップデートとサードパーティーソフトウエアをインストールにチェックをいれて、この例ではインストールします。
  5. ディスクを削除して、インストールします。
    削除したくない場合は、別途対応してください。
  6. ディスクの書き込み確認ですので、問題がなければ続けてください。
  7. タイムゾーンを設定します。
  8. キーボードレイアウトの設定で、左側のリストから一般的なキーボードスタイルを選び、右側のリストから特定のレイアウトを選びます 。
  9. あなたのユーザー名やパスワードを設定して、続けるを押すとインストールを始めますので、少し待ってください。
  10. インストール終了後、再起動してください。

シャットダウンメッセージが画面に表示され、USBメモリを抜いからEnterを押して ください。

パソコンのシステムによっては、この時点でフリーズすることがあるようです。

画面が黒いまま、カーソルが点滅している場合は、 Enterキーを 押して様子をみます。

日本語化はまだですので、ここで設定

再起動しても、まだ日本語化は完了していません。

日本語化のまえに、まずアップデートをしておきましょう。

メニュー>アプリケーション>システムツール>System Updater

アップデートできるものはしておきます。

いよいよ日本語化

まず、普通のUbuntuベースのOSとは異なりますので、日本語化設定のGIFアニメをご覧ください。

ポイントは、言語設定するために、「言語設定を表示する」設定を最初に行う必要があります。

以上のようにすると、やっと日本語化ができるようになります。

日本語入力はFcitxをいれよう

下記のようにメニューからアプリケーション>システムツール>Synaptic Package Managerと進めてください。

「fcitx-mozc」を検索します。

見つかったら、依存関係のすべてをそのまま「マーク」します。

あとは、適用します。

終わったら、ログアウト、ログインを行って、デスクトップにキーボードのマークがあるのを確認してください。

あれば、以下のように入力できるようになっています。

まとめ

軽量で、最小限の基本システムが売りのBodhi Linux は、Windows XP レベルのパソコンでも稼働します。

最小システム要件
  • 500MHzのCPU
  • 256MBのメモリー
  • 4GBのドライブスペース
ダウンロード

Bodhi Linux公式サイト

USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動できます。

Bodhi Linux のインストール

インストーラーでは、ほとんど次へ進める手順で済みますが、インストール設定で、日本語を選択しているにもかかわらず、再起動しても、日本語になってはいません。

そのため日本語化については再起動後、別にもうひと手間行う必要があります。

Bodhi Linux は、日本語化について手間が余計にかかる上、言語設定の方法が面倒ですが、そこをクリアできれば、軽量OSとして頑張ってくれるでしょう。