Debian Edu 10 学校向けLinux…ワークステーションお試し!

このところ「Debian 10」のXfceとCinnamonデスクトップ版をお試しして、さらっとまとめました。

「debian-live-10.0.0-amd64-xfce.iso」を利用して、インストールを行いました。最小システム要件は、CPU:Pentium 4, 1GHz、メモリ:512 メガバイト、必要ディスク容量:10GB。
「debian-live-10.0.0-amd64-cinnamon.iso」を利用して、インストールを行いました。最小システム要件は、CPU:Pentium 4, 1GHz、メモリ:512 MB、必要ディスク容量:10GB。

今回の「Debian Edu 10」は、学校向けLinuxであるDebian 10のワークステーションをインストールしてみました。

ネットワークのない状況で、スタンドアローンのような形になりますが、デスクトップの映像やインストールについてまとめています。

実際に学校で利用する前提で記事をご覧頂いている場合は、単にワークステーションについての概要だけとなりますので、詳しくはページ下部にあります公式サイトのリンクを直接ご覧ください。

Debian Edu 10 ワークステーションのデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

BD版のisoファイルからインストールしていますので、すでにアプリケーションソフトは多数インストール済みです。

Debian Edu 10 について

今回は、「debian-edu-10.0.0-amd64-BD-1.iso」を利用して、「Debian Edu ネットワーク」の通常マシンであるワークステーションのインストールを行いました。

インストールの途中で、以下のプロファイルを選択することができます。

  • 主サーバ
  • ワークステーション
  • ローミングワークステーション
  • LTSPサーバ
  • スタンドアロン
  • 最小

ダウンロード

公式サイト

http://www.debian.org/

ダウンロードページ

http://cdimage.debian.org/cdimage/release/current/amd64/iso-bd/

インストール(VirtualBox)

ここでは、VirtualBoxでインストールした手順を記載しておきます。

以下のGIFアニメのナンバーは下記ステップと同じになり、選択項目を表示していますので、「次へ」などをクリックしてください。

※実機での利用は、isoファイルを書き込んだUSBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. isoファイルを書き込んだUSBメモリやVirtualBoxから立ち上げるとメニューが開きますので、「Graphical install」を選択。
  2. インストーラーを起動しますので、「Japanese – 日本語」を選択。
  3. 場所の選択で、「日本」を選択。
  4. キーボード設定で、「日本語」を選択。
  5. Debian Edu のプロファイルの選択ですが、今回はここでワークステーションを選択。
  6. 自動パーティショニングツールの利用確認ですが、「はい」を選択(現在のパソコンのハードディスクが消去されますので注意)。
  7. Debianパッケージ利用調査の参加確認ですが、ここでは「いいえ」を選択。
  8. ユーザー設定ですので、パスワードを設定。
  9. ボリュームがあるので結構時間がかかりますが、インストールが終了したら、「続ける」をクリックすると再起動します(実機へのインストールの場合は、ここでインストールメディアを抜きます)。

日本語入力について

再起動後は、なんの設定も不要で日本語入力ができるようになっています。

まとめ

Debian Edu / Skolelinuxのワークステーションお試し

「debian-edu-10.0.0-amd64-BD-1.iso」を利用して、インストールを行いました。

インストールの途中で、主サーバ、ワークステーションなどのプロファイルを選択することができます。

ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

インストールについて

最初に立ち上がったメニューから直接インストールします。

日本語入力について

再起動後は、特に設定する必要もなく日本語入力ができます。